管理費や維持費…

寺院墓地にお墓を購入後に必要な費用とは何があるのでしょうか?

それはどこにお墓を建てるかによって、その後にかかってくる必要費用が違ってきます。

当然、お墓の管理をしていくのは残された遺族になるわけですからお墓を建てた後に「どんな費用が、どれくらい」発生するのかきちんと確認する必要がありますね。

スポンサーリンク

寺院墓地において、お墓以外にかかる費用とは?

3234a267dcc61189b6bda5be15292c2c_s

寺院墓地など、維持のための管理費の他にも法事の際にお支払いするお布施など様々な費用があります。

単純に、「お墓を購入して終わり」というわけにはいかないのです。

それではどんな種類の費用があるのか見てみましょう。

寺院墓地の場合の費用の種類は?

寺院ではこれまでご説明した墓地の永代使用料や管理費、墓石の費用以外に
次のような費用が掛かることがあります。

入檀料(にゅうだんりょう→檀家(だんか)になる費用=檀家料10~30万円
お布施(おふせ=法要の都度3千円~1万円
護持会費(ごじかいひ=管理費→毎年1~2万円
行事参加費お寺が開催する合同の法要費用3千円~1万円
寄付金(寺院の改修や新築への協力)

護寺会費は管理費と同じようなもので、毎年かかります

 

墓地の購入を考える際には、その寺院では「どのような決まりごとになっているか」をしっかりと確認しておくと、後々トラブルにならずにすみます。

スポンサーリンク

そもそも護寺会(ごじかい)とはどういうもの?

檀家料や、護寺会費を何に使うかを決める会です。

メンバーはそのお寺の住職、副住職、檀家のメンバー(役員が何人か選抜されます)です。

檀家の中には代表や副代表、メンバーから集めた檀家料を集計する会計係がいるところもあり、総会でお金の使い方を話し合います。

この護寺会システムがうまくいっているところはお寺の経営もうまくいっているところが多く、あげくは自分たちのお墓の保全にも役立ちます

ちなみに役員はだいたい1~3年で交代する慣習のようです。

入檀料や護寺会費は何に使われる?

お寺の火災保険や修繕や保全(地震など)に関わる資金墓地周辺の雑草などの除去、草木のせんてい、お手洗いや休憩所、駐車場スペースなどの共用部の清掃費用

お墓まわりなどを洗浄する水道代や設備の修理、ひしゃくや手桶の手入れや買い替え費用など。


(引用→http://ur2.link/N8dZ)

他にも、枯れたお花などの処理費用などが挙げられます。

檀家料や護寺会費を渡すときの封筒の書き方は?

まずは白い封筒を用意してください。白い封筒は失礼が無く無難です。

封筒の表書きには、檀家料護寺会費お墓管理費など、そのお寺で決まった書き方にします。

その下に自身の名前を書きましょう。裏面には自身の住所を記載します(下記写真参照)。


(引用→http://ur2.link/N8h7)

近年ではお寺から自宅に振り込み用紙が送られてくるケースもあるので、その場合は各種金融機関(銀行)やコンビニで支払い可能です。

お布施などは、護寺会費とは別の封筒を用意する

お布施と護寺会費は基本的には別のものですので、2つ同時に渡す場合は合算せず、別々の封筒に分けて渡しましょう。

お布施を渡す場合は封筒には御布施と書いて渡しましょう。

護寺会費の渡し方は?

民間墓地や公営墓地は銀行引き落としがほとんどですが、寺院墓地の場合は、お盆やお彼岸の時に直接もっていくか、ご住職か檀家メンバーの代表が自宅まで来て集金したりします

その時に手渡ししてください。

護寺会費(管理費)を滞納した場合はどうなる?

残念ながら3年間滞納した時点で、そのお墓は撤去対象になります。
(3年で自動的に撤去されるわけではなく、民放上の時効は10年なので、10年間は会費を請求され続ける可能性あり)

3年後、すぐに撤去はされませんが、そのお寺から、1年以内に親族またはその関係者に対して申し出てくださいとの通知が行きます。

それでも誰も申し出がければ、お墓は撤去され、納骨されているお骨は無縁仏として供養されます。

どうしても護寺会費を払えない場合の対処法は?

自宅に個人のお骨を補完する自宅供養(手元供養)により、費用がかからず、故人を身近に感じることができます

もう一つは永代供養することにより、ほかのご遺骨と一緒に合祀されますが、一度合祀されたあとは管理費は発生しません

入檀料や護寺会費以外に払うものってあるの?

例えばお彼岸の供養祭などの、そのお寺の行事の数によって御布施を支払う回数が変動したりします

上記にも行事参加費として少し書きましたが、イベントごとのお布施の平均は3千円~1万円ほどです。

ですが累積するとバカになりませんね(汗)。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お寺は、昔は人生相談などもご住職にしたりと、その地域においては身近な存在だったため、みんなで立派なお寺を維持していこう!という風潮がありましたが、最近ではあまり関わることも少なくなり、お寺としての風格がなくなってきたように思います。

この記事が少しでも役に立ちましたらこちらをポチッと押してもえらえると嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事