結婚披露宴に出席すると、
必ず引き出物を頂きますよね?
引き出物の由来は
平安時代から始まり、
その頃は宴のお土産として
「お土産の馬を引き出して見せた」ことから
現代まで贈る品は変化していますが
引き出物の習慣が続いています。

スポンサーリンク

そんな結婚式での
引き出物に欠かせない「のし」
「のし」とは慶事の際
引き出物などの贈呈品に添える
色紙を折って作った
六角形の飾りの事です。

のしには
「内のし」

「外のし」

があるのを知っていますか?
なぜ二つがあるのでしょうか?
二つの違いを知っていますか?

今回は「のし」についての常識をご紹介します。

のしって何?

もともとは贈る理由と
贈り主を書いた掛け紙をかけ
それを水引でくくり、掛け紙の右上にのしを
添えていました。

現代では簡略化され
水引とのしの入ったのし紙
使って包装するのが
一般的となっています。

水引とは、
贈り物の包み紙を結ぶ紐の事で
目的に応じて色や本数
結び方が異なるため
適切な物を選びましょう。

結び方の適して無い物を
選んでしまっては失礼にあたり
間違っては大変ですので
気をつけましょう。

スポンサーリンク

水引の種類

c0b33f048be02108041121f40379e693_s

おめでたい出来事である慶事に
使われる水引には主に2種類あります。

紅白結び切り

結び目が固く結ばれていて
簡単には解けないことから、
一度きりであってほしい
願いをこめた結び方であり
結婚も一度きりでありますように
とのことから適しています。

紅白蝶結び

結び目が何度も結び直せることから、
何度あってもいいお祝事
ときに使用します。

  • 出産
  • 入学
  • 卒業
  • お中元
  • お歳暮

に使用されます。

水引の本数

慶事には奇数の5,7,9本
(2で割り切れない数、
夫婦2人の中を割らない)
を使用しますが、

婚礼の場合は10本を使用します。
この10本は単に偶数ではなく、
5本×2という考えです。

逆に、お葬式などの弔事には
2,4,6本の偶数で白黒などの
水引を使用します。

内のし・外のし

1e1bd9d1bd8658d9c95dd0cec93dbf05_s

内のし贈答品に直接のしをかけて、
その上から包装紙で包みます。

外のし包装紙の上から
のしをかける事をいいます。

のし紙は礼を尽くす姿勢を
表すものであり、慶事には欠かせない
ものでありますが、
内のしと外のしの使い分けには
厳密な決まりはありません。

内のし

内のしは包装紙に
のしが隠れてしまため、
渡す時に贈答品の
目的と贈り主がみえませんので
主に内祝に用いられます。

外のし

外のしはお渡しする時、
すぐに表書きがはっきり見える為
どんな目的の品かどうか
意図がすぐに伝わるので
結婚出産祝いなどは
外のしが適しています。

まとめ

のしについて
いかがでしたか?

のしは、贈る相手に贈り物の
中身を伝えるため、
贈る理由と贈り主を
書いた表書きなのですね。

贈る用途によって、
のしの書き方も様々
特に水引に関しては種類もあり
間違っても間違った結び方を
しないように気をつけましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事