結婚式の招待客へと贈る引き出物

引き出物の品の相場
一体いくらくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

結婚式に出席した親族や上司、友人他、
日ごろお世話になっている方など
贈る相手によって、品物の数や内容を
贈り分けするカップルも多いようです。

相場には地域によって
大きく差がありますが、
今回は引き出物を贈る相手別に
相場をご紹介します。

親族の場合

引出物1
[引用元:http://www.nagoya-yomeiri.jp/blog/]

出席した方の中でも親族には
最もランクアップさせた
引き出物を贈るという
カップルが多いようです。

その相場は
約7000円~12000円

親族とは今後も一生の
お付き合いにもなります。

両家両親の顔を立てる
意味合いでも、
納得いただけるような
内容の引き出物を
贈っておきたいですね。

スポンサーリンク

上司の場合

結婚式に上司をお招きする場合、
挨拶をお願いしたりする
ケースが多いため、
お礼の気持ちを込めて
引き出物の内容も
友人や同僚とは差をつける
とても丁寧です。

その相場は
約5000円~10000円

ご祝儀の金額に見合った物を贈ろう

また、上司からのお祝いも
友人や同僚よりも高額な
ご祝儀を頂く事となるため、
ご祝儀の金額に見合った
引き出物を用意しておきましょう。

ご祝儀を予想するのも
難しいかもしれませんが、
ご祝儀に対して高すぎる
金額にならないように
気をつけましょう。

友人・同僚の場合

20130602
[引用元:http://giftman.info/]

友人や同僚からのご祝儀は
一般的に3万円とされています。

その金額に対する
引き出物の相場は
約3000円~7000円
とされているようです。

披露宴の食費の3分の1が目安!

披露宴の飲食費の
3分の1を目安に考えると良い
と言われています。

例えば、ゲスト1人当たりの
飲食代が1万5000円とすると
引き出物は約5000円となります。
親族や上司からの
ご祝儀に比べると金額は
低くなる事が予想されるため、
引き出物の金額も
控えめにして良いです。

しかし、あまりおさえ過ぎて
ゲストががっかりした
気持ちにならないように、
品物選びには気をつけてください。

まとめ

引き出物選びの際は、
自分が今までに披露宴に
出席して頂いた引き出物の中で
何が嬉しかったのか、
これはあまりいらないな・・・
という事を思い出しながら
選ぶと良いかもしれませんね。

引き出物の相場は地域によっても
大きく異なりますし、
両親の意見も取り入れながら
それぞれのゲストに見合った
金額を設定しましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事