結婚披露宴に出席すると、
必ず引き出物を頂きますよね?
最近では引き出物の中身も
多種多様になってきており、
賞味期限を気にしなくてもよく
自分で好きな物を選ぶ事のできる
カタログギフトも人気で
定番となってきました。

スポンサーリンク

ところで、
結婚式の引き出物の
本当の意味を知っていますか?
ただ漠然と、
「お祝を差し上げたお返し」
だと思っていませんか?

今回は引き出物について
いつの時代から始まったのか、
その由来についてご紹介します。

引き出物の由来

引き出物の意味としては
新郎新婦側から出席者への
ご挨拶やお礼の意味を込めた
「宴席のお土産」
という意味です。

引き出物の始まりは平安時代

horse-red12
[引用元:http://japanese.jptravel.net/]

始まりは時代をさかのぼる事、
平安中期以降から始まった引き出物。

引き出物の語源はにあります。
「お土産の馬を引き出して見せた」
の名の由来と言われています。

貴族や大臣たちの間で
行われていた宴にお客様が
いらっしゃった際、
主に庭に馬を引き出して
その馬を客人へのお土産
という形で贈っていました。

をお土産にするとは、
生活に密着した実益な贈り物
だったのでしょうね。

今の時代に馬を頂いても・・・
困りますよね。

馬から金品に・・・

その後、引き出物の名のもとに
馬代(うましろ)として
金品を贈るのが普通となったようです。

この、馬を引き出すという
言いまわしが贈り物をする意味
ということで持ちいられ、
お客様に差し上げる贈り物のことを
引き出物と呼ぶようになりました。

この様に、引き出物は
昔から自分達の幸せのおすそ分け
感謝の気持ちを込めて
参加者へ贈る物です。

平安時代から現代まで
続いている習慣なのですね。

スポンサーリンク

現代の引き出物の意味

11d452e7f8d7c719113d278ea21675cc_s

昔は馬を贈り物にしていましたが
時代と共に、馬代からタクシー代
として金品を渡すように変化し
時代と共に華やかな結婚披露宴が
行われるようになると、
引き出物は披露宴での記念品
という意味合いに変わってきました。

少し前までは引き出物には
食器が多く入っていましたよね?

それは、引き出物は大きくて
重い物が良いとされていたからです。

しかし、現代では大きくて重いものは
持ちかえるのに大変なため、
カタログギフトが人気となってきました。

最近では結婚祝いを頂いた
お返しの意味も含まれているようです。

現在、引き出物を探している方は
ぜひこちらの記事を参考にしてください。

引き出物の選び方とは?いらない物、おすすめの物は何?
引き出物と言えば縁起物!その意味は?おすすめは?

まとめ

引き出物の語源は馬からきているとは
驚きですね、
今回私も初めて知りました。

人と馬の長い付き合いが
偲ばれるお話でしたね。

時代の移り変わりによって、
引き出物の品物自体は
変わりつつあるものの、
引き出物本来の意味は
昔から変わらず、
お客様への感謝とお礼の気持ちを
込めて贈る物のようです。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事