結婚することにより
両家が親類となって結びつく事をお祝し、
贈り物を納め合う昔から伝わる
伝統的な儀式である結納

結納の際に贈る結納品には
様々な縁起物としての意味があることを
ご存知ですか?

スポンサーリンク


円満・長寿・子宝など繁栄を意味する
色々な縁起の良い物が
揃えられています。

結納は結婚の約束をした証として
両家の間で金品や品物を贈り合うことで
相手に対しての誠意を示し、
婚約を確かなものにします。

結納は地域によってスタイルは様々で
大きく関東式関西式に分けられます。
まずは両家のしきたり、
地域のしきたりを事前に
しっかり調べておきましょう。

今回は地域ごとの結納スタイルの特色と
一般的な結納品の意味をご紹介します。

結納の違い!関東式と関西式

522e9ad74ee6ae0ad118c5880b52cd63_s

関東と関西では結納は
どのように違うのでしょうか?
それぞれの特徴を
簡単にまとめたので
ご参考にどうぞ。

関東式

男女が同格、
または女性を一段下とみなします。
男女双方が結納品を用意し、
お互いの品を同時に取り交わします。
結納品は9品目用意します。
9品目、7品目、5品目と
簡略化も可能で
2つに割れない奇数の品数
準備します。
結納金については、
女性が男性からもらった
半額にあたる物品を返す
半返しの習慣があります。

関西式

男性側だけが女性に結納品を贈ります。
結納品は5~9品目
用意するのが一般的です。
女性側は結納品を受け取り、
受書を渡し、結納品は贈りません。
しかし、
後日、もらった結納品の金額の
1割程度の金額を返礼として持参します。

スポンサーリンク

結納品に込められている意味

presents
[引用元:http://www.metro-morioka.co.jp/wedding/]

結納品にはそれぞれ、
とてもおめでたい意味が
込められています。
簡単にですがご紹介します。

目録

結納品の内容明細を書いたもの。

長熨斗

長寿を象徴した「のしアワビ」

御帯料(金包)

結納金を入れます。
昔は着物の帯を贈っていたことから
御帯料といわれます。
地域によっては、小袖料宝金
とも呼ばれます。

勝男武士(鰹節)

昔は保存食や非常食として常備され、
男性の力強さを意味しています。

寿留女(するめ)

日持ちがすることから、
末長く幸せが続く事を願います。
また、噛めば噛むほど
味が出ることから
味のある夫婦になってほしい
といった願いも込められています。

子生婦(昆布)

昆布は強力な生命力と
繁殖力があることから、
子宝に恵まれるように
子孫繁栄を願います。

友白髪

白い麻糸の束です。
白髪になるまでという長寿の願いと、
夫婦仲良く強い絆で結ばれるように
といった意味が込められています。

末広

白の一対の扇です。
扇を広げた形から
末広がりの繁栄を願います。
扇の色は必ず白で、
純白純潔を表しています。

家内喜多留(やなぎだる)

樽酒でお祝い酒の事です。
家庭円満を意味しています。

結納についてもっと詳しく知りたい方は
ぜひ下記の記事も参考に覗いてみて
くださいね♪

    まとめ

    結納品、一つ一つの意味を知った上で
    結納を行うとより一層
    気持ちがこもった儀式となりますね。

    これらの物を揃えるのは
    大変かと思ってしまいますが、
    最近、結納パックを
    用意しているホテルや専門式場も
    ありますので、
    忙しいカップルは
    このような物を利用すると
    よいかもしれませんね。

    これからも、私が実際に体験したこと、

    知らずにいて「へ~!」と思ったことを
    忘れないようにまとめていきます。

    この記事が少しでも
    役に立ちましたら
    こちらをポチッと押してもえらえると
    嬉しいです。

    冠婚葬祭 ブログランキングへ

    スポンサーリンク
    おすすめの記事