結婚披露宴で
とても重要となるBGMソング
賑やかな曲を流すと賑やかな披露宴に、
ゆったりと静かな曲を流すと
落ち着きある披露宴に、BGMの雰囲気で
披露宴の雰囲気も変わります。

スポンサーリンク

まずは入場する時の曲から始まり、
その後の結婚式の雰囲気を決める
と言っても過言ではないですよね?
素敵な結婚式披露宴を演出で
更に幸せに華やかにする、
音楽の力の影響力は絶大なものです。

それでは結婚式に使うBGMソング
一体何曲ほど用意すればいいのでしょうか?

結婚式には様々なシーンがあるけど、何曲くらい必要?

b3f73bf9bd6424d5ed813763cdadf146_s

披露宴で使用するBGMの数は、
一般的な披露宴で30~40曲程度使われます。

しかし、一曲一曲の長さも違いますし、
サビだけを流すなど、その方によって
使い方も様々なため、あくまでも目安です。

BGMを使用するシーンは?

BGMを使用する
一般的なシーンをまとめてみました。
・来賓
・新郎新婦入場
・新郎新婦の紹介・オープニングムービー
・乾杯
・歓談
・中座・お色直し前の退場
・お色直し後の入場
・テーブルラウンド、キャンドルサービスや
テーブルごとの写真撮影
・メインキャンドル点火
・ケーキ入刀
・友人スピーチ
・両親への手紙
・花束贈呈
・退場
披露宴での
おおまかなシーンを挙げてみました。
これらのシーンごとにBGMが
必要となります。

4f49eff52c443cf28bfc34489e91b20a_s

イベント毎に使い分け

音楽がかかっているというのは
まるで当たり前のようですが
意外に細かなところまで決めていく
必要があります。

また、お色直しの回数や、ブーケトス、
子供からの花束贈呈など、
イベントを増やすごとに
必要なBGMも増えます。
こう見てみると、
かなりの曲数が必要なのですね。

そして、シーンごとに
用意する曲数も変わってきます。
たとえば、新郎新婦のプロフィール紹介や
歓談などはある程度時間がかかるため、
1曲では足りないことも多いようです。
オープニングムービーなど
昔の思い出を流す時は音楽も思い出の曲を
つなげて流すのも良いですね。

まずは二人で話し合うこと

多くのソングを用意しないといけなく、
大変そうにも思えますが、
まずは自分達がどのような結婚式の雰囲気に
したいのか2人でよく相談して考えながら
流したい曲を自由にピックアップしてみて
その中から思い出の曲を選曲し、
うまく披露宴のプログラムに
取り入れましょう。

世代としても懐かしい曲などを
選ぶと、参列している友人たちも
楽しくなると思います。

スポンサーリンク

まとめ

披露宴に必要なBGMの数は意外にも
思っていた以上に多いことがわかりました。
迎賓や歓談などの時は、
新郎新婦と会話したり
ゲスト同士で会話をしたりする時間なので、
なるべく会話の邪魔にならないように
静かで明るい曲やテンポの良い曲を流すと
雰囲気も楽しく会話も弾みますよね。
基本的には2人の好きな曲、
思い出ある曲を選んで
自分達ももちろんのこと、ゲスト達も
楽しめる雰囲気を作る事ができるとよいですね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事