あなたは突然の訃報を受けた時に、
どんなお花お供え
用意したらいいの??
何色のお花がいいの?
と戸惑った事はありませんか?

スポンサーリンク

白っぽいお花?
派手なお花じゃなかったら
なんでも良いの?
焦らなくても大丈夫です、
お通夜や葬儀に参列する場合、
お花はすぐには必要ありませんので、
落ち着いてくださいね。

今後、焦る事のないように
弔事のお花についての
マナーを学んでみましょう。

お通夜や葬儀の参列者はお花を持っていかない

お通夜お花を持って行く事は、
亡くなった方のご家族に
不幸を待っていたと
思われる可能性があるため、
一般的には持参しません。

(この場合、供花の手配
というよりは自分で花を持参して
会場に行くような場合です。)
供花については下記の記事も
参照にしてくださいね。
【関連記事】

通常、お花葬儀会社が用意しています。
ご家族は葬儀の準備など
忙しくて大変なのです。

また、葬儀会社によっては
他社からのお花をNGとしている
葬儀社もあります。

供花を手配する場合でもいくつか
注意事項があるため、
上記の記事を参考にして
いただければと思います。

そして、自宅に持ち帰れない
場合も多いため
わざわざ持参する必要は
ないのです。
もし、お花を持参する場合は
多忙な事も考慮して、
少し落ち着いてくる初七日を過ぎた頃に
花束よりも飾りやすい
アレンジメントをお供えすると良いですね。

7405cbc5a1b6a1651087b960b8764b29_s

スポンサーリンク

お供えするお花はどんなお花・色が多いの?

ご家族が亡くなられた時、
最初の初七日を迎えるまでの枕花
ご家族が用意する場合もありますが
多くは葬儀会社が用意します。
枕花に多く用いられるお花は
基本的に白い花のみです。
四十九日頃までには
白いお花に紫やブルーなども加わり、
一周忌あたりからは
黄色や淡いピンクも加わり、
色とりどりのお花を飾ります。

しかしこれらは一般的な話です。
故人が生前に好きだったお花を混ぜたり、
若い女性なら、白とピンクなど
柔らかい色合いにしたり
一般的に法事の際には
バラの花はタブーとされていますが、
あえて赤いバラのみの
お供えアレンジをお願いした
ご家族もいるようです。

495528b726333837108cce5c0d66e50f_s

真っ白なお花ばかりや、
菊が多いと寂しい感じがしてしまうので
ご遺族の悲しみが
増してしまうかもしれませんね。

まとめ

本来、お供えのお花に
バラを用いるのはタブーとされていますが
最近ではバラ葬、オーダーメイド葬など
故人が生前に好きだったお花や
鮮やかな色のお花
思い入れのある物で見送る形の葬儀も
増えてきたようです。
バラ葬ではもちろん
供えられるお花はバラです。

故人との付き合いが
それほど親密ではない場合や
仕事上の付き合いの場合は
古くからのしきたりや
常識的マナーに合った
お花を用意するのが無難です。

大切なのはご家族の方が
故人を偲ぶ気持ちや、
残されご家族がもらって
うれしく感じられるお花などの
ご遺族を慰める気持ちを込めた
お花が良いのかもしれませんね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事