一般的四十九日(忌明け)
法要が終わるころに、
挨拶状を出します。

挨拶状の出す理由としては、
無事に忌が明けたことを
お知らせし、お礼を
述べるためです。

スポンサーリンク

もちろん、葬儀や法要に
参列して頂いた方には、
早く出した方が良いですよね?

それとは別に、香典
お供え物を持って来ていただいた方には
香典返しをします。

では実際、どのような礼状や
お返しをしたらよいのか
ご存知ですか?

今回、忌明けの一般的なマナーや
礼状について調べてみましたので
是非参考にしてみてくださいね。

忌明けの意味とは?時期は?

忌明けとは、
漢字の意味の通り、
忌の期間が明けた、
満了したことを意味します。

忌の期間は、大切な近親者が
亡くなった期間として、
お祝事や神社への参拝、
派手な行事を慎む期間でも
あります。

裁きが終了する日

d60f0f3e6d315f9452565c7ca0c2cfbe_s

仏教の教えにより、
忌の期間は亡くなってから
49日とされています。

その理由としては、仏教において、
亡くなってから49日間を中陰と呼び、
この期間は7日間ごとに
閻魔大王による裁きが行われ、
死者が極楽浄土へ行けるか否かの
判定をされるのが、
ちょうど四十九日目
言われているためです。

四十九日の意味とは?忌引きや納骨のタイミングは?

祈りを上げる

そのため、遺族は死者が
無事に極楽浄土へ行く事のできるよう、
7日ごとに法要を行い祈るのです。

忌明けは、閻魔大王による裁きが終了し
死者も極楽浄土へ行けたと信じ・・・
残された遺族も一つの区切りを
迎える日なので、
四十九日を過ぎると
忌明けとなるのです。

スポンサーリンク

忌が明けたら何をすればいいの?

忌が明けたら、
葬儀に参列してくださった方から
頂いた香典お供え物のお返し、
香典返しをします。

8fc6f7000dce86058e022ddda7e7fee1_s

香典返しは四十九日後の
忌明けの頃にお礼状とともに
送る事が一般的です。

【関連参考記事】

上の記事でも詳しく紹介していますので、
参考にご覧ください。

香典返しに添えるお礼状とは?

忌明けの挨拶状・礼状とは、
葬儀に参列して頂いた方にはもちろん、
故人の知人や友人などに対して、
忌が無事に明けたことをお知らせし
生前にお世話になった事の
お礼を述べる書状の事をいいます。

reijo-saiji4
[引用元:http://kouden-gaeshi.com/aisatsujyo.html]

礼状は、本来先方に伺って
直接お礼を申し上げるのがマナーですが
それを出来ない事のかわりに、
香典返しに添えて送ります。

忌明けに添える礼状の文中では、
句読点(「、」や「。」)は使用しません。
その理由としては、
葬儀や法事がスムーズに流れて
終わりますようにと言う意味や、
つつがなく終わりましたという意味を込め
文章が途中で途切れるような
句読点は用いらないそうです。

冠婚葬祭に関する案内状など
全般に同じような事が言えるため
使用しないこととされているのだとか。
納得できますね、
私も今回初めて知りました。

まとめ

「故人も無事に極楽浄土へ旅立ち、
遺族も法要の一区切りがつきました。」
と報告の意味を込めて送る礼状。

生前故人がお世話になった知人、
友人にも四十九日を過ぎたら
早めにお知らせするのが良いですね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事