一生の思い出に残る大イベント、結婚式。でもその前の大事なイベントとしてあるのが、そう。プロポーズですよね。

「長年付き合った彼女と結婚しよう!」そう決心したものの、具体的なプロポーズの仕方が分からない!という人も多いと思います。

 

また、雑誌やテレビで色んなプロポーズの仕方などを見聞きするけど、どれが自分と自分のパートナーに合っているのか、分からない人も多いと思います。

 

そこでこの記事では、プロポーズの具体的な方法やアドバイスなどを詳しくお届けしていきます。女性が喜ぶようなロマンチックなシチュエーションなどを考えるのが苦手...。そんな人にも役立つような方法もご紹介していきますので、是非参考にしてみてください!

プロポーズが最適なタイミングはいつ?

お互いの年齢を意識したとき

日本の場合、結婚適齢期と呼ばれるのは20代前半から30代前半の時期です。特に20代後半くらいから周りの友人や親から「結婚しないの?」と聞かれることも多くなるかもしれません。

 

ちなみに、国立社会保障・人口問題研究所の2015年のある調査によると、30.4歳が男性未婚者が平均希望結婚年齢、28.6歳が女性の平均希望結婚年齢だそうです。確かに、この辺りの年齢で男女とも結婚する人が多い気がします。

 

この時期は、男女とも社会に出て精神的にも経済的にも徐々に自立・安定する人が多いですね。特に結婚はお金に対する責任感や、家族を作るということに対する責任感などが求められます。それを考えると、この数字も納得できますね。

スポンサーリンク

仕事が落ち着いた時

年齢の次に結婚のタイミングの決め手となるのが仕事でしょう。先に書いた通り、社会に出て数年すると昇進などを経て経済的に安定し、結婚を視野に入れるようになるのは当然の流れと言えます。

 

男女共働きの場合は、お互いの昇進やキャリアのステップアップのタイミングを合わせるのが難しいこともありますが、お互いの仕事が落ち着いてきた時期は特に結婚を考える最適な時かもしれません。

 

また転勤転職のタイミングで結婚を考える、というカップルも多いようです。お互いの人生のステージに合わせて、結婚も最適な時期を考えたいですね。

 

彼女も結婚してもいいかな...と感じ始めたとき

 

もちろん例外もありますが、普通、結婚のプロポーズというと女性からではなく男性からするものですよね。女性からはなかなか「結婚したいんだけど...。」と言い出せないものです。

 

でも、お互いの年齢も結婚適齢期に差し掛かり、キャリアも安定してきたら、女性の方から「結婚しても良いかも...」というサインがある場合も少なくありません。例えば、女性の方から、「子どもを持つなら〇〇歳くらいが良い」、「家はこんな地域に住むのに憧れている」など、結婚をにおわすような発言が多く出てきたら、それは彼女からの「結婚したい!」のサインかもしれませんよ。

 

男性としてはそのサインの真意を見極めるのが難しいと感じるかもしれませんが、是非女性の微妙な言動のサインを読み取ってみてくださいね!

プロポーズには何が必要?

婚約指輪を用意しよう!

結婚前のプロポーズで定番のプレゼント言えば、やっぱり婚約指輪ですよね。やはり指輪のプレゼントは女性が必ず喜ぶ素敵なプレゼントだと思います。

 

婚約指輪には、相場が数万円~数十万円のものまでありますが、基本的には彼女の好みのデザインやブランドから選ぶのがおすすめです。日頃から彼女の好みを色んな場面で知っておくのは重要ですよ。指輪を選ぶ時のヒントになります。

 

変に意地を張って高い指輪を買う必要はないので、あくまで彼女に合った指輪を選ぶようにしましょう

指輪以外のプレゼントは?

「定番の指輪のプレゼントではなく、何か他のものをプレゼントしたい!」そんな風に思う人がいるかもしれません。

そんな人にまずおすすめなのが、花束のプレゼント。彼女の好きな色、あるいは事前に調べた素敵な花言葉を持つ花を花束としてプレゼントするととっても喜ばれそう!

 

他には素敵な食事やケーキなどのデザート、ワインやシャンパンなどお食事系をプレゼントというのも喜ばれそうです。少し豪華でロマンチックな雰囲気のものを選ぶと良いでしょう。

当日の服装を決めよう!

普段は仕事などで忙しくて、ファッションになんて興味がない...という人も、プロポーズ時には是非ドレスアップしましょう!特段、高価なものを身に着ける必要はありませんが、小ぎれいで真摯さが伝わる服装を意識すると良いでしょう。

 

カジュアルな中にもピシっと決まったネクタイ磨き上げられた靴など、さりげないところに気を遣うことでぐんと雰囲気も高まります。

プロポーズ前だけでも有名男性ファッション雑誌などに取り上げられているコーディネートを参考にするのも良いですよ♪

プロポーズ資金をしっかり用意しよう!

結婚前のプロポーズと言うと、ロマンチックな側面だけクローズアップされがちですが、やはりそれなりの資金を事前に用意しておくことも大事です。

 

自分の中で大体、この時期にプロポーズしよう!という目途が立ったら、そこから逆算してプレゼントの資金やその他プロポーズにかかる資金をしっかり貯金しましょう。ここ一番!という時にお金がなく、自分や彼女の望むプロポーズができない、というのは悲しいですよね。

 

どんなプロポーズをしたいか?とイメージを膨らませるのはもちろん大事ですが、それをどうやって実現するのか?の方法についても明確にしておきたいものですね。

プロポーズにピッタリのロケーションを選ぼう!

プロポーズのおすすめロケーション

①:レストラン、ホテル

プロポーズでまずおすすめのロケーションと言えば、レストランホテルです。2人の行きつけの場所でも良いですし、一生に一度のことなので、とびきり贅沢な場所にするのも良いですね。

 

日時を決めたら、忘れずに予約を入れておきましょう。できれば事情を話してプロポーズをできる個室などを抑えられると良いでしょう。ホテルであればスイートルームを貸し切って行う、というのも喜ばれそう。

彼女の好みに合わせて、選んでみてくださいね♪

②:海や公園、テーマパーク

次におすすめなのが、海や公園、テーマパークなどの野外ロケーション。特に外でデートすることが大好きなアクティブな2人にはおすすめですね。

 

ただ、注意が必要なのはその日の天候です。雨などの天気と重なるとプロポーズ自体が難しくなるかもしれません。また、これら野外でのプロポーズは道行く人にも見られてしまう可能性大。あまりプライベートな雰囲気は演出できません。

 

ここも、自分の彼女ならどちらが好みかな?と考えて決めてみてくださいね。

③:2人の想い出の場所

野外・屋外問わず、2人の想い出の場所でプロポーズするのも良いでしょう。初めて2人が出会った場所話した場所などをチョイスすると彼女にも喜ばれそうです。

 

2人の想い出を楽しく思い出す作業にもなるので、場所選びも楽しくなると思います。自分の記憶をひとつひとつ辿りながら、最適な場所をチョイスしてみて♪

④:自宅

意外にもおすすめなのが自宅でのプロポーズ。リラックスした雰囲気の中でプライベートな時間を楽しめます。プロポーズをサプライズでやりたい!という人も、自宅でなら彼女も気付きにくいので、成功率が高いかもしれません。

 

ただ、ひとつ注意なのが服装。自宅にいるからと言って、スウェットパンツやパジャマ姿のままのプロポーズは受けたくないですよね。リラックスしながらも、あくまで真摯な気持ちが伝わるような工夫をしましょう

まとめ

今回の記事では、プロポーズの具体的な方法やおすすめのロケーション、についても具体的に解説してきましたが、いかがでしたか?

もちろん、結婚式は人生でも大きなイベントのうちの一つですが、その前のプロポーズも大事なイベントのひとつです。是非、彼女にもしっかり喜んでもらえるプロポーズを計画して、2人で素敵なゴールインをしてくださいね♪

この記事の内容がお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事