お盆のお供え物と言えば、おはぎ!という方が
多いのではないでしょうか?

この時期になると、スーパーなどにも多くの
おはぎが並んでいますよね。

それにしてもなぜ、お盆にはおはぎを
お供えするようになったのか気になりませんか?



お盆とは?

お盆とは、ご先祖様の霊を供養し、
冥福を祈る行事その行事を行う期間です。

cc370b9ad943c887791bcd183f5e926e_s

お盆の語源は、仏教における
盂蘭盆会(うらぼんえ)と言う仏教用語を
省略したものだと言われています。

江戸時代からの檀家制度により、
秋と春二回のお彼岸と共に、夏の時期にも
ご先祖様の霊を供養するお盆という風習
一般庶民にも広まったそうです。

現在、一般的にお盆の期間は
8月13日~16日とされています。

46f30d4b3eaa25841da133785eebb003_s

ちなみにコチラの記事で
お盆の由来とは?
さらに詳しくご紹介していますので
興味のある方は覗いてみてくださいね。

スポンサーリンク

おはぎを供える意味とは?

お盆の時期に多くおはぎをお供えとする事には
以下ような二つの意味があると言われています。
・魔除け
・五穀豊穣(ごこくほうじょう)

魔除け

6dcc151f545ddeeae60fb98436267a37_s

昔から【】という色には魔除けの力があると
言われており、祭りごとやお祝いの時に
】は重宝される色でした。

そのため、小豆を使用したお祝いごとに欠かせない
お赤飯やあんこはお供え物に適していると
定着したようです。

472b644513e693b138197eb41e24ca51_s

お赤飯は明るいピンク色で華やかなのでお祝いごとに
適していると思っていましたが、小豆には魔除けという力も
あるのですね。
私も今回初めて知りました。

五穀豊穣(ごこくほうじょう)

また、お米から作られるお餅には穀物などの
農作物が豊作になるように【五穀豊穣】という願いが込められているのです。

1fe06ef857fa3e2cfaa8392f2ffdfa93_s

この様なことから、ご先祖様の霊を供養する際には、
魔除けの力がある小豆五穀豊穣の願いを込めた
お餅を使用したおはぎをお供えするようになりました。

おはぎとぼたもちって何が違う?

ちなみに…みなさんはおはぎぼたもち
違いって知っていますか?

567151a042cb1ed77e0928295e95c875_s

実はおはぎとぼたもちは呼び名が違うだけで同じ物なのです!

え!そうだったの!と私もびっくりしました。笑

季節によって呼び名が変わるだけ・・・

は春の花である牡丹からぼたもち、
牡丹餅(ぼたもち)

形も牡丹に似せて丸々とした大きな形です。

は秋の花である萩からおはぎ、
御萩(おはぎ)
おはぎの形は萩の花に似せて細長く小ぶりの俵の形です。

ちょっと勉強になりますね。

お盆のマナーまとめ】

まとめ

自宅に仏壇がない場合や、実家への帰省や
お墓参りに行けない場合でも、おはぎを用意して
実家へ電話をし、仏壇にお線香を立ててもらう。

そしてご先祖様の事を思い出しながら
おはぎを食べる。
なんて事もありかもしれませんね。

ご先祖様へ
「元気にしてますか?」
「いつもありがとう!」
「天国から見守っていてね」
などの感謝の気持ちを伝えながらお供えをして
お盆を迎えられるといいですね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事