墓地に種類があるのをご存知でしょうか?

墓地の種類など、なかなか普段の日常で話題に上ることは少ないと思います。

突然、親族の方が亡くなってしまい、お墓を立てる時、どこにどうやってお墓を立てればよいのか?

場所は?値段は?管理料はいくらなのか?

大変悩まれると思います。

墓地の種類に関しても、いくつかに分類され、それぞれルールや、かかる費用も変わってきますのでこの記事で詳しく書いていきます。

残された方がパニックになってしまわないようにしっかり準備をしておくことが必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どの墓地(霊園)にお墓を建てる?公営・民営・寺院墓地の3つの区分

まず墓地には古くからある

共同墓地集落墓地

個人墓地

をのぞけば、経営主体によって

 

「公営墓地(公営霊園)」

「寺院境内墓地(寺院墓地)」

「民営墓地(民営霊園)」

 

大きく3つに分類されます。

まずはそれぞれを比較してみましょう!

<公営墓地(公営霊園)のメリットとデメリット>

公営墓地(こうえいぼち)とは、都道府県や市町村などの自治体や、そこから委託された※公益法人が管理・運営している墓地のことをいいます。

要は民間ではなく、国や自治体が管理運営しているわけです。

ちなみに地方によっては、昔から村落(旧行政村)が運営する共同墓地というものがあります。

■公営墓地のメリットは?

①国や自治体が経営しているため管理体制が安定している。

ゆえに、お寺が廃業してしまい管理が行き届かないという可能性は低くなります

②民営墓地や寺院墓地に比べて、永代使用料や管理費(年間管理手数料)が比較的安いです(場所が、都心の一等地の場合は高くなる場合があります)。

③管理者が公的機関ですので、宗教不問です、特に宗教・宗派には関与されません。

自分で、好きな石材店を自由に選ぶことができます

公営墓地のデメリットは?

募集が集中するため倍率も非常に高く、さらに募集数も少ないため当選が困難で抽選になり、都心では6~10倍の倍率になることもあります。募集時期も短く限られているので常に自治体のHPを確認しておかなくてはいけません(募集も年に1回、1か月間だけ募集などのケースが多い)。

申し込み資格に細かい条件・制限があります。
条件例として
・自宅の住所が、霊園の管理・運営する自治体の管轄にあること
・親族にお墓の承継者がいること
・まだ納骨していない、故人のご遺骨があること

新規の場所ではなく過去に別の墓があった場所になるケースが多いので、気になる方もいるでしょう。
(理由としては、継承者がいなくなったため、自治体に返還されたため→返還墓地)

④立地が不便な場所が多いので、交通の便が悪い場合があります。

墓石の形に制限がある場合があり、大きさの制限や、独自性のある(奇抜なオリジナルデザイン)お墓は建てられません


(引用→http://ur0.biz/Nh7A)

⑥抽選に当選しても好きな区画を選ぶことができないので、辞退する人もいます。

生前に墓地区画の購入ができないことがあります(生前建墓・寿陵は不可)。

<民営墓地のメリットとデメリット>

財団法人や社団法人が経営している墓地になります。

または宗教法人から委託を受けて、民間により運営されています。

永続性・公共性が求められるうえ、非営利事業でなければならないため、現在では株式会社などの営利法人による経営は許可されていません

■民営墓地のメリットは?

①運営主体が寺院名でも、その宗派に入檀(にゅうだん)する必要はありません(檀家(だんか)になる必要はありません)。宗教・宗派は不問です。

販売数が多いので、入手が比較的簡単で募集期間などは特に気にしなくて大丈夫なようです。

資格制限がゆるく、条件を気にせず選ぶことができます(国籍のなども特に制約はありません)

墓石の大きさデザインの制限が少ないところが多いのも特徴です。

サービスが充実しており、個性的で独自性がある。

⑥購入する区画が1㎡未満から3㎡以上の広い区画まで、様々な区画が用意されていて、予算に合わせて広さを選べます

たくさんの土地が造成されているので、比較的取得しやすく、随時募集しているところが多いです。

管理事務所や休憩室などの設備が整っているところが多い。


(休憩所引用→http://ur0.biz/Ng5j・http://ur0.biz/Ng5o)

最寄の駅から無料の送迎バスを出しているところもある。


(送迎バス引用→http://ur0.biz/Ng2B)

生前に墓地区画を購入することができます

民営墓地のデメリットは?

①石材店を自由に選べない、指定石材店制度になっているところが多い。

②お墓のデザインも自由に選べない場合が多い(和型の墓石が多い傾向があります)。

③運営業者によって管理や運営に差がある

④公営に比べて永代使用料や年間理料などが高めに設定されている。

永代使用料管理料の他に、お布施寄付が必要になる場合があり、行事のたびにお布施が必要になるケースもあります。

信仰を重要視する傾向があるので、お客様の立場でお寺にサービスを求めてしまうと、トラブルが起こる可能性があります。

<寺院(境内)墓地のメリットとデメリット

寺院墓地とは、お寺の敷地の中に墓地があり、主に寺院によって管理・運営されている墓地になります。

檀家(だんか)・壇信徒(だんしんと=信者)のための墓地です。

檀家とは、信徒になってお布施などを払い、そのお寺を支える家のことを言います。

■寺院墓地のメリットは?

①民間のお寺ゆえに比較的立地条件が良いところにある場合が多いです(都心部など、交通の便が良い)。

②境内地にあることから、本堂(仏様)があるため、いつでもご住職に読経(どきょう)をしてもらえます。

③法要などを本堂で行えたり、法話も聞けて、相談事にも乗ってもらえます。いわば日本の伝統的なお墓のかたちですね。

墓地の継承者がいなくなってしまった場合に永代供養をしてもらえる

⑤管理が行き届いているところが多い。

寺院墓地のデメリットは?

その寺の檀家になることが必要です。

もし違う宗教(宗派)であれば自身の宗教を変えなくてはいけません。

②檀家に入るうえで入檀料(入檀志納金)を納めなければなりません

住職の人柄や考えに左右されてしまい、合う人であれば良いのですが、合わない人であれば少しその先が面倒になることもあり得ます。

④民営墓地同様に、墓石も指定業者を指示指定石材店制度されてしまい、形状も指定される場合が多いです。

⑤お寺の行事や活動への参加や、寄付等(お布施)を求められることもあります。


(引用→http://u0u0.net/Ne0H)

⑥宗教・宗派を問わない寺院墓地でも法要だけは、そのお寺の宗派で行われる

まとめ

いかがでしょうか?

メリット・デメリットを比べてみるとそれぞれの経営の性格が見えてきます。

ご家族とも話し合う際にとても重要なポイントになりますよね。

fa021efea0cb7b58d49258d7896d3f94_s

業者によっての値段比較など今回の「経営主体」とは違う視点でお墓を決める上で気になる部分をクローズしていきます。

ぜひ今後の参考に覗いてみてくださいね。

この記事が少しでも皆様の「終活」のお役に立ちましたらこちらをポチッと押してもえらえると嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事