春になり、GWを終えると
次は夏のお盆を迎えますね。

夏休み=帰省=お盆
方程式を思い浮かべる方も
多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ところで、馴染みのある言葉
【お盆】の本当の意味を
知っていますか?

どうしてお盆と言うのでしょうか?

0bf124be3970957464a5e88599659914_s
まさか・・・
お盆=食事やお茶などを運ぶお盆・・?
ではないですよね?

もはや当たり前になっている
「お盆」について
改めて調べてみましたので
ご紹介いたします。

 

お盆の語源・意味は?

お盆の意味とは、
ご先祖様の霊を供養し、
冥福を祈る行事
その行事を行う期間のことです。

c0bd927638dd218214d5ea47eaab813d_s

このお盆の時期には
亡くなったご先祖様が
浄土(天国)から
地上に帰ってくるとも
言われています。

お盆の語源は本来、
仏教における
盂蘭盆会(うらぼんえ)
または盂蘭盆(うらぼん)
省略したものだと
言われています。

f6fc9ad3deced3b0c4c9397912bb8d05_s

盂蘭盆会の語源は
古代インド語の
「ウランバナ」を漢字で音写した、

逆さづりと言う意味なのです。

逆さづりなんて意外な意味合いですよね。

これについては下記の
お盆の歴史で詳しく
ご紹介したいと思います。

お盆はの時期はいつ?

太陰暦では7月15日
もしくは8月15日の夏に
行われる御霊祭です。

現在のお盆と言えば
8月13日~15・16日の期間
一般的ですよね。

スポンサーリンク

お盆の歴史

お盆とはもともと
お釈迦様お弟子さんの
母親を餓鬼から
救う話から始まった
行事なのです。

お盆の歴史をというのは、
紀元前400年まで
さかのぼります。

さきほどの由来と
繋がるのですが、
釈迦の弟子の目連の母親
餓鬼道に落ち、
逆さに吊るされ苦しんでいる
姿を助けるために
釈迦に教えをいただき、
7月15日供養をしたのが、
お盆の行事の始まりといわれてます。

さきほど、
盂蘭盆会(うらぼんえ)には
「逆さ吊り」という意味合いが
あるとご紹介しましたが、
実はそれを転じ
盂蘭盆会は
「逆さに吊るされるような
苦しみを除く」
という意味の
行事なのです。

日本のお盆はいつから始まった?

日本では西暦606年
初めてお盆という
行事が行われました。

「推古天皇十四年七月十五日斎会」
設けたのが初めと言われています。

江戸時代以前のお盆は、
主に上流階級で
行われていましたが、
江戸時代になると
一般庶民にも広がりました。

bd9d9a0773b7ed209de548780379d236_s

庶民にとって仏壇提灯などに
欠かせないローソク
安価で手に入れる事が出来始めると
お盆が広がり始めていったのです。

盆踊りの由来とは?

日本の地域によって
お盆の行事は各地の風習などが
あり、宗派によっても
様々ですが、お盆の時期には
ご先祖様の霊が帰ってくる
考えられています。

5ab72620ad9ca1d47801c0222dcbaa58_s

そして、「盆踊り」は精霊を慰め
送り出すために催され、
戻ってきたご先祖様の霊が
供養のおかげで成仏できた
喜びを踊りで表現している
伝えられています。

お盆と言えば浴衣を着て
公園で行われる盆踊りは定番ですよね。

ちなみに私の知っている物では
子供盆踊りと言えば
ちゃんこちゃんこなどがあります。

[youtube id="GJyhd7D69B0"]

何気なく風習として馴染んでいる
盆踊りにこのような由来や
起源があっただなんて
私も初めて知りました。

あなたの地域では
どのような盆踊りを
踊っていますか?

まとめ

お釈迦様は、旧暦7月15日に

多くの飲食を盆に盛り、
同じように仏や僧など
たくさんの人たちに供養すれば
その功労によって、
多くのご先祖様が苦しみから救われ
現在生きている私達も
幸せになる事ができるでしょう。

とおっしゃったそうです。

お盆とは故人やご先祖様に
意を示して、故人をしのぶ気持ちを
大切にしながら感謝をささげ、
親戚一同集まり
ご先祖様の霊と一緒に過ごす
大切な期間なのですね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事