お墓の修繕と建て替えまでの流れ(概略工程)

おおまかな流れとしては

基礎工事(打ち直しなど)⇒墓石の1次撤去⇒植木の移動解体⇒付属品(香炉交換・灯篭・地蔵など)の改修

になります。

①現地調査、見積もり

現地に行って

お墓がどのような状態になっているのかを

業者の担当者に調査してもらい

どうリフォーム・修繕するかを

打ち合わせをした後に簡単な設計図をつくってもらい、

見積もりを出してもらう

②契約

見積もりに、お客様と業者の双方が納得した時点で契約します。

③お墓にほる文字の打ち合わせ

お墓を建て直す場合は、墓石にほる

文字や家紋について打ち合わせをする必要があります。

これに関しては修正がきかないので

しっかり打ち合わせの時に確認が必要です。

④閉眼供養(けいがんくよう)

ご住職にお願いして

※閉眼供養(けいがんくよう)の後、

仏様を墓石から抜きとります(魂抜き)。

そのあとお骨をお寺に預かってもらいます
(業者で預かってもらうケースもあります)

閉眼供養とは
墓石に宿っている仏様の魂を抜き取るという意味を持つ儀式。
魂抜き(たまぬき)ともいう。

⑤施工

契約内容に従って、修繕リフォーム

建て直しの工事を行います

⑥完成

工事が完了して、完成後に

お客様に引き渡しになります。

⑦開眼供養(かいがんくよう、魂入れ)

ご住職に依頼して開眼供養の後、納骨を行います
(業者でもこの作業を請け負っているケースがあります)

お墓の修繕や建て替えは

一生のうちで何度も経験することは少ないと思われます。

リフォームを見積もってもらう際に

担当営業の人と相談し綿密にお打ち合わせすることをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ぜひ今後の参考にしてくださいね。

この記事が少しでも

役に立ちましたら

こちらをポチッと押してもえらえると

嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事