皆様は、ハロウィンの起源や由来はいつからできたのかご存知でしょうか?

今では日本でもコスプレ(仮装)で毎年大変なにぎわいです。

 

この記事では、

ハロウィンの文化はいつから生まれたのか

なぜ日本で流行ったのか?火付け役は

有名なカボチャのキャラクターの由来は

人気テーマパークのイベント期間も含めて

掘り下げていきます。

ハロウィンの由来・起源はいつから?なぜ仮装するの?

ハロウィンはアメリカから伝わったと言われていますが、

起源はアイルランドスコットランドになります。

 

紀元前5世紀頃

アイルランドの先住民族であるケルト人

サウィン祭と呼ばれる秋の作物の収穫祭

悪魔祓いの儀式で行っていたものが、ハロウィンの起源です。

 

これに、11月1日におこなわれるキリスト教の

万聖節(ばんせいせつ)が結びつき

正式にハロウィンと呼ばれるようになりました。
(※万聖節とはキリスト教(カトリック)で、全ての聖者に祈りを捧げる日)

 

ちなみにケルト族にとっての年末が「10月31日」であり

日本でいうところの大晦日にあたります。

 

この夜は死者の霊が家族を訪ねたり

魔女悪魔精霊が出てくると信じられていて、

それから身を守るために仮面を被り、魔除けに使いました

これが現在のハロウィンになり、

仮装やコスプレに結びついたと言われています。

スポンサーリンク

ハロウィンの定番キャラクターといえば?

日本で最もメジャーなコスプレといえばゾンビですが

ハロウィンといえば元々は秋の収穫祭ですので

カボチャのお化け

その名もジャックオーランタンが有名です。

ジャック・オー・ランタンって何?由来は?

日本語に訳すと「吊り下げ式のランプを持っている男」ですが

ジャックという男が、ハロウィンの夜に

悪魔に魂を取られそうになった時

悪魔をダマして自分の魂を取らないようにと約束をさせました

ジャックは悪いことばかりをしてきたので

死後に天国に行けず、地獄に向かいます。

しかし、地獄の入口には昔ダマした悪魔がいて

「お前の魂は取らないと約束した」

と追い返されてしまいます。

天国にも地獄にも行けないジャックが困っていると悪魔は

「元いた場所に戻ればいい」

と、暗い帰り道を照らして帰るように

地獄の火を分けてくれました。

ジャックはカブをくり抜いて、悪魔から貰った火を

その中に入れてランタンにして、

あの世とこの世を永遠にさまようことになったと言われています。

なぜ日本で流行るようになったの?

日本は、もともとアニメの文化があり、

秋葉原などでもアニメのキャラクターのコスプレが流行っていました。

コスプレや仮装は

ファッションとしての由度が高く

パーティー気分で楽しめるということで

もとの日本の文化とうまくマッチしました。

日本初のハロウィングッズ販売はキデイランド原宿店!

1970年代キデイランド原宿店

ハロウィンの関連商品の販売を始めました。

そして1983年に原宿の表参道での

ハローハロウィーンパンプキンパレードにて

100人以上の参加者が仮装をしてパレードをしました。

当時はハロウィンの知名度は低く

外国人の参加者が多く見られました。

ディズニーランドとユニバーサル・スタジオ・ジャパンがイベントを企画!

2000年くらいから徐々に

東京の渋谷のスクランブル交差点あたりで

仮装する人が集まり始めました。


[https://goo.gl/qmuFB8より引用]

そして

1997年ディズニーランド

2002年ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ハロウィンイベント期間をつくったため

さらにその勢いは加速し

渋谷・六本木などは毎年10月31日になると

数多くの警察官が動員され

渋谷の一部が歩行者天国になるくらい

街がハロウィン一色になります。

 

渋谷のセンター街、今は名前が変わり

バスケットボールストリートですが

仮装している人のほうが多いくらいで

アニメや映画のキャラクターのコスプレで街を歩く人が多すぎて

まともに歩けないくらいのにぎわいです。

日本でのハロウィン期間はいつから?東京ディズニーランドやUSJのイベント期間は?

仮装コスプレするのは基本は10月31日になりますが

15日くらいから会社のイベントや

東京ディズニーランド

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどのような

テーマパークやアミューズメントパークは

長い期間楽しめるように少し前からイベントを開始しています。

ディズニーランドとUSJのハロウィンイベント期間の詳細
2018年のディズニーのハロウィン期間 9月11日(火)~10月31日(水)
2018年のUSJのハロウィン期間 9月8日(土)~11月5日(月)

ハロウィンにおいて日本と海外の違いは?

アメリカ(海外)のハロウィンは?

近年アメリカなどでは宗教的な意味合いは、ほとんどなくなり

子供が楽しむイベントになっています。

子供たちは仮装をして

トリック・オア・トリート」(お菓子をくれなきゃいたずらするよ)

と言いながら近所の家のチャイムをならして

その家の人からお菓子をもらいます。

大人たちは前もって、

この日のためにお菓子をたくさん買い込みんで

子供たちが来るのを待ちます。

仮装には本来、

魂を取りに来る悪魔を怖がらせ追い払う

もしくは

悪魔に仲間だと思わせる

という意味があり

魔女悪魔魔物の仮装が多いです。

日本でのハロウィンは?

日本では、仮装やコスプレするキャラクターに特に決まりはなく

ゲームアニメ映画などのキャラクターが人気です。

本来は特定のイベントや、

東京ビックサイトなどで開かれるコミックマーケット

秋葉原などの特定のエリアでのみ

仮装やコスプレは流行っていましたが

近年のハロウィンイベントの規模は年々拡大しています。

ツタヤなどのレンタルショップはハロウィンコーナーを作り

街には人気アーティストのハロウィンにちなんだ曲が流れます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本のハロウィンの由来や起源

火付け役などがお分かりになられたと思います。

これからも、私が実際に体験したこと、調べたこと

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事