お墓に必要な費用はいくらかかる?霊園の種類と3つの費用

霊園・墓地の種類

まず大前提として

お墓を建てる墓地(霊園)の場所は主に

民間が運営する「民営霊園

自治体が運営する「公営霊園

お寺(寺院)が運営する「寺院墓地

3つに大別されます。

お墓を建てる場所により、必要となってくる費用、相場は変わります。

お墓を建てる際の3つの費用

お墓を購入して建てるには

永代使用料(えいだいしようりょう)

墓石代(ぼせきだい)

管理料(かんりりょう)

という3つの費用が存在します。

①永代使用料とは?

私たちは

どこにでも好きな場所にお墓を建てて良い、というわけではなく

都道府県知事が許可を出しているお寺や霊園が管理している墓地に建てなければならないという

ルール(法律)があります。

私たちがお墓を建てる土地を、寺院や霊園から借りるために支払う料金永代使用料です。

費用はその土地の広さが基準になりますが人気な墓地により様々です。

こちらも大きく費用に差があり

おおよそ30万円〜150万円程と言われています。

②墓石代とは?

墓石代とはお墓に使う石材などにかかる料金です(石材店に払うお金)。

近年はお墓の形が多様化してきているために

石の大きさやデザインによって大きく変わります

平均相場は150万円〜300万円と幅広くなっています。

③お墓の年間の管理費はいくらかかる?檀家(だんか)制度とは?

公営霊園、民営霊園は管理料のみ必要になります。

公営霊園の年間の管理料の平均相場が5,000円~1万1,000円

民営霊園寺院墓地の平均相場が6,000円~1万5,000円

といわれています。

寺院墓地の場合は、寺院によっては

檀家(だんか)になる必要がありますので、

管理料に加えて入壇料、行事参加費、護寺会費などが

別途必要になる場合があります(檀家制度)。

入壇料の金額は寺院によって変わり、事前に確認が必要ですが

10万円~30万円程度

行事参加費お寺が開催する合同の法要などですと、平均で

3000円~1万円程度

護寺会費の平均相場は

1万円~2万円程度と言われています。

(※檀家⇒その寺に属して、お布施(ふせ)をして寺の財政を助ける家のこと。)

お墓を購入するにあたって

民営霊園」「公営霊園」「寺院墓地」の

それぞれの特色メリット・デメリット

詳しく解説しています。

ぜひコチラの記事を参照にしてください。

お墓と墓地の場所はどこが良い?公営・民営・寺院墓地のメリット・デメリットは?

スポンサーリンク

お墓を購入する際は、1人で決めずに家族に相談することでトラブルが無くなる

お墓選びは自分1人だけの問題ではありませんから、

家族みんなで考えた方が良いと思います。

なぜなら自分のお墓を自分が死んだ後に管理してくれるのは

残された家族

だからです。

お墓自体も安い買い物ではないですし、管理費用などもかかってくる

ということも理由の一つに挙げられます。

まずは見学会に行ってイメージをかためる

いろいろとご検討してみたいとお考えでしたら、まず

見学会に出向くことをおすすめします。

自治体が運営する公営霊園などでは、

そもそも募集期間が短くHPなどでスケジュールを確認して出向く必要がありますが

民間霊園などでは随時見学会を開催しています。

 

ただし、「お墓」の購入するにあたって

気を付けるべき点がいくつかあります。

ぜひコチラの記事を参照にしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ぜひ今後の参考に覗いてみてくださいね。

この記事が少しでも

役に立ちましたら

こちらをポチッと押してもえらえると

嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事