一言で「葬儀」とはいえ、
近年では様々な形で行われることが
増えてきました。

その中でも今、注目されているのが
宗教や従来の形式に捉われない
「無宗教葬儀(自由葬)」です。

無宗教葬儀(自由葬)ってどんなもの?

自由葬はプロデュース葬とも言います。

-shared-img-thumb-YUSEI_konosb_TP_V

特定の宗教であったり
宗派に捉われない葬儀のことですね。

僧侶、神官、牧師神父などの
宗教者を招かずに
自由な形で行われるのが特徴です。

現代の日本では
生まれた家の宗教にこだわらない
という方や、
無宗教という方が増えてきています。

そのため、最近では徐々に

増えている傾向にあるみたいですが、
葬儀を自由葬でやる方は
実際には少ないのが現状のようです。

スポンサーリンク

無宗教葬といっても、
特に決まった形式があるわけではないので
自由に形を決めて葬儀を
進行していくことが出来ますが、
実際には仏式葬儀
葬場祭(神葬祭)
ある程度参考にした形になることが
多いようですね。

「自由でいいよ」と言われても
どうしていいやら…

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

という感覚になってしまうのかもしれません。

無宗教葬・自由葬を選ぶのはなぜ?

さて、まだまだ少ないとはいえ
近年増えてきている理由は何でしょうか?

そこには下記のような背景が関係しています。

  • 宗教を持たない人が増えてきた
  • お寺との付き合いがなくなっている
  • 形式化した葬儀に対する疑問を持っている
  • 故人にふさわしい葬儀(葬式)を行うため

無宗教葬のメリットはどんなところ?

実際に自由葬を選択する際には、
他の葬儀と比べてどのような利点が
あるのか気になりますね。

ここでは自由葬をした際の
メリットをご紹介いたします。

  • 葬儀(葬式)の形式は故人の
    生き方にふさわしいように
    自由な演出を行うことが出来る
  • 読経などがないので時間が自由に使える
    (音楽葬として読経の変わりに
    故人の好きだった音楽を流す場合も多い)
  • 形式は自由なので献花や
    焼香(線香)を行うことも自由
  • 祭壇を飾るかどうかも自由
    (飾る場合もどのような物を飾るかも自由)
  • 「最低限決められている物」がないため
    費用を抑えることも可能

こうしてみると、故人に合わせて
さまざまな形式に変えれるというのは
魅力的にも思えますね。

しかし、なぜ実際に行う事は
少ないのでしょうか?

無宗教葬(自由葬)のデメリットとは?

自由葬には様々なメリットがあるのに
実際に自由葬で葬儀をする方が
少ないのがなぜか気になりますよね?

そこには「自由」であるが故の
デメリットが存在するのです。

  • 一般的な仏式葬儀以上に
    細かな打ち合わせを
    しなければならない
  • 形式が決まっていないので
    参列者がとまどってしまう。
  • 葬儀後の弔い方が慣習として
    定まっていない

    (仏教の仏壇や四十九日に変わるものを
    どうするのか考える必要がある)
  • 年配の方に理解してもらえないことが多い
  • 遺族の気持ちの区切りがつきにくい

実際の進行をどうするかなど、
形式がないだけに
より細かく考えなければなりません。

じっくりと時間がある場合は
良いのですが、突然の訃報の場合には
時間がないことや、精神的にも
そこまで手が行き届かないことも
背景にあるのではないかと思います。

無宗教葬の香典の表書きはどうすればいい?

okouden

また、無宗教葬(自由葬)に
参列する方にとっては
香典の表書き
についても悩むところです。

宗教的な葬儀の場合、
どう書くのか定められておりますが、
自由葬の場合は定めがありません。

一般的には無宗教葬(自由葬)では
「お花料」と書かれていることが
多いそうです。

表書きにも特に決まった形式は
ありませんので、
「御霊前・御香典」
でも特に問題はありません。

スポンサーリンク

無宗教葬(自由葬)の基本的な流れ

無宗教葬(自由葬)はその名の通り
自由に演出を行うことが出来ますので
一概に流れを言うことはできませんが
だいたい以下のような感じで
行われることが多いようですね。

  1. 親族・参列者着席
  2. 開式の辞
  3. 黙祷
  4. 弔辞・弔電の奉読
  5. 生前故人の好んだ歌曲(生演奏やビデオなども)
  6. 葬儀委員長・施主・親族・参列者の順に献花
  7. 葬儀委員長の挨拶
  8. 喪主・親族代表の挨拶
  9. 閉式の辞

もし「自由葬」を
考えていらっしゃる方は
生前のうちにどんなものにして欲しいのか
ご家族に伝えておくと良いかもしれませんね。

こちらの記事では
葬儀の流れを種類別に比べてみてみよう!
キリスト教の葬儀はどんなもの?宗派による違いとは?

日本で多いとされる、
「仏教」や「神道」
また、「キリスト教」の
流れについてご紹介いたしましたので
ぜひ無宗教葬儀と比較してみてください。

メリットやデメリットは
どの形式にも存在しますが、
故人の方にとって
尊い場であることに変わりません。

少しでも参考になれば幸いです。

まとめ

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事