家族や友人の結婚式や、
急に訪れる家族や友人の訃報による
お葬式に参列する場合、
平日であれば会社を休む必要があります。

スポンサーリンク

友人の結婚式やお葬式なら
1日で済むかもしれませんが、
自分自身の結婚式、
家族や親族のお葬式の場合は
準備やなにかと忙しいもので
数日休まなければいけません。

あなたの会社には
冠婚葬祭に関する
慶弔休暇がありますか?

休まざるを得ない冠婚葬祭による
慶弔休暇は、
法律上どのような扱いに
なっているのでしょうか?

慶弔休暇とは?

慶弔休暇とは
自分自身や家族・親族の結婚や
出産などの慶事
また死亡によるお葬式などの
弔事が行われる場合に、
社員が取得できる休暇の事です。

スポンサーリンク

冠婚葬祭による休暇は法律上どうゆう扱いになっているの?

実は労働基準法では、
冠婚葬祭に関する休暇については
一切決められていません。
つまり、自分自身や家族が結婚した場合
家族や親族が亡くなった場合の休暇は、
会社では特別に与えなくてはいけない
という法律上の義務はない
と言う事になります。

法律上の決まりはない訳ですから、
会社で特別休暇について
決まりがある場合はその企業独自で
規定している物となります。
この会社の規定は、
就業規則を見て確認する事ができます。

弔事休暇がない場合は?

弔事休暇の制度が無い場合は、
有給休暇を取得して休む事は可能です。
普段、なかなか取りずらい
雰囲気の中だとしても、
冠婚葬祭の場合なら堂々と
申請する事ができるのではないでしょうか?
しかし、有給休暇申請の際、
会社側は目的によって
拒否する事は出来ない事となっています。
有給休暇は申請すれば
いつでも休めるのが原則です。

慶弔休暇で取得できる日数の一例

【慶事】

  • 結婚休暇・・・5日
  • 子供の結婚休暇・・・2日
  • 配偶者の出産休暇・・・2日

【弔事】

  • 一親等(父母・配偶者・子供)
    が死亡した場合・・・5日
  • 二親等(祖父母・配偶者の父母・兄弟姉妹)
    が死亡した場合・・・2日

休暇を申請する際のポイント

有給休暇
消化しきってしまっている場合は、
会社に理由を説明して
欠勤の許可を得る必要があります。
結婚式や法事の場合は
事前に予定がわかるので
早めに申請を、
親族が亡くなった場合は
どうしても直前になってしまいますが、
認められない事はないでしょう。

まとめ

結婚や妊娠などの
おめでたい出来事は、
本人にとっても嬉しい
人生のターニングポイントとなります。
また、家族や親族が亡くなった際は、
故人にしてあげる最後の儀式となります。

慶事も弔事もどちらも
大切な儀式となりますので、
大事な場面に参加するためにも
事前に社内規則を確認して
慶弔休暇を申請できるように
事前に調べておきましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事