冠婚葬祭という言葉は
あなたも良く聞きますよね?
冠婚葬祭には4つの各漢字には意味があり、
ライフイベントにおける
通貨儀式や重要な儀式を表しています。

冠婚とは2つとも
おめでたい祝いの儀式を意味しています。
それとは逆に葬祭とは
人との別れの儀式、
ご先祖様を祭る儀式を意味しています。

スポンサーリンク

葬祭の【祭】の字は祭祀(さいし)
のことを指しています。
祭祀とはお盆や法事などで、
先祖代々の霊をまつわる行事の事です。
仏壇に線香をあげ、
お供え物を供えて手を合わせたり
家族でお墓参りをして掃除をして
線香をあげて手を合わせたり、
ご先祖様を祭り、
尊ぶ儀式や慣習全般の事を意味します。

仏教では大切な方が亡くなってから
四十九日を過ぎるまでの期間は
魂や成仏せずにさまよっていると
言われています。
そのため遺族は
7日ごとに法要を行い、
死者が無事に極楽浄土へ
行けるように祈ります。

今回は、四十九日を過ぎるまでに行う
葬祭の法要についてご紹介します。

 

四十九日までに行われる法要

近年は社会や家庭の形が多様化しており
それに伴い、葬儀や法要も形を
変えています。
今では簡略化して行われないものも
ありますが、本来はどのような
法要が行われるのでしょうか?
四十九日までに行われる
法要を見てみましょう。

初七日(しょなぬか)

葬儀当日に一緒に
行われる事が多い初七日。
正確には亡くなった日を含めて
7日目とされています。

葬儀と同じく、
遺族、親族、友人、知人が参列
僧侶による読経のあと、
参列してくださった方で
焼香会食をします。

二七日忌(ふたなぬか)

14日目のことを言います。
遺族だけで供養し、
僧侶による読経や焼香は
しない事が多いそうです。

三七日忌(みなぬか)

21日目のことを言います。
遺族だけで供養し、
僧侶による読経や焼香は
しない事が多いそうです。

四七日忌(ししちにち)

28日目のことを言います。
遺族だけで供養し、
僧侶による読経や焼香は
しない事が多いそうです。

五七日忌(ごしちにち)・三十五日(さんじゅうごにち)

35日目のことを言います。
遺族だけで供養し、
僧侶による読経や焼香は
しない事が多いそうです。
この日を忌明けとする宗派もあります。

六七日忌(ろくしちにち)

42日目のことを言います。
遺族だけで供養し、
僧侶による読経や焼香は
しない事が多いそうです。

四十九日(しじゅうくにち)・七七日忌(しちしちにちき)

49日目のことを言います。
初七日と同様
遺族、親族、友人、知人が参列し、
僧侶による読経のあと、
参列してくださった方で
焼香、会食をします。

一般的にこの日を忌明けとします。
忌明けの法要である事から、
この日に納骨する場合が多いようです。

スポンサーリンク

まとめ

忌が明ける四十九日までの
7日間ごとにある法要ですが、
最も大切なのは初七日と
四十九日だと言う事がわかりますね。
四十九日を過ぎた後も、
1年目の命日(一周忌)や
2年目の命日(三回忌)と
3と7の年度に法要を
行う事が多いようです。
私も今回、法要にはこの様な追悼法要の
名前・内容や意味を知ったので、
今後、法要する際には
故人に対する気持ちも
変わっていくと思います。
亡くなった方が無事に
極楽浄土へ行けるよう、
祈りながら法要をしたいですね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事