冠婚葬祭という言葉は
あなたも良く聞きますよね?
冠婚葬祭には4つの各漢字には意味があり
ライフイベントにおける通貨儀式や
重要な儀式を表しています。

冠婚とは2つとも
おめでたい祝いの儀式を意味しています。
それとは逆に葬祭とは
人との別れの儀式、
ご先祖様を祭る儀式を意味しています。

スポンサーリンク

これらの儀式には宗教や宗派によって
具体的な内容は変わりますが、
様々な礼儀作法マナーがあります。
このマナーや知識を知らずに
儀式に参加すると、
冷たい視線を浴びてしまいます。

そのような事が無いように、
事前に知識・マナーを
知っておきたいですよね?
今回は今さら聞けない
暑い夏のお葬式の服装
マナーをご紹介します。

夏のお葬式の服装は半袖でも良いの?

お葬式に参列する際の
服装のマナーは以前紹介しましたが、
夏にお葬式に参列する場合は
どのような服装が相応しいのでしょうか?

男性編

社会人の男性なら
わかるかと思いますが、
夏場でも大事なお仕事の時の服装は
ジャケットを着た
スーツが一般的ですよね?
お葬式も同様に、
白シャツで参列することは
マナー違反とされています。
道中、上着を脱ぐ程度なら
問題ありませんが、
会場に入る時や儀式中は
必ず上着を着ましょう。

女性編

女性の喪服も基本的には
長袖で製造されています。
しかし、喪服の中でも
ワンピースであると、
半袖タイプもあるため、
この場合は問題ありません。

会場内は冷房が効いていますから、
上着を着ていても汗だくになる
と言う事はありません。
女性の場合、
半袖で参列する際は
一枚上着を準備しておいた方が
良いでしょう。

スポンサーリンク

夏にお葬式に参列する際の注意点

夏は気温も高く、汗をかくため
多くの人がハンカチを持っているのでは
ないでしょうか。
葬儀に参列する際もハンカチは
欠かせませんが、派手な色を避けて
白や黒などの地味な色のもの
携帯していくと良いでしょう。

また、女性の場合
サンダルやミュールなどで
参列したいと思う人も
いるかもしれませんが
そういったものは必ず避けて
黒の光沢のないパンプスを
履くようにしてください。
基本的に、葬儀に参列する際は
露出を控えることが
マナーになります。

まとめ

大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
夏場の服装は基本的に半袖はNGです。
いざという時に困る事がないように、
事前にしっかりと基本的な
マナーを学んでおき、
当日困る事・恥ずかしい事がないように
準備しておきましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事