大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
故人の冥福を祈る儀式の1つである葬儀
葬儀・お葬式は、
故人が亡くなってからすぐに
短期間の内に行うため、
やらなくてはいけないことや
決めなくてはいけない事が
たくさんあります。

スポンサーリンク

突然の事とは言え、
故人の気持ちを大切にして
家族や親族が一丸となって、
儀式をきちんと執り行う事が大切です。

葬儀を行うと参列者から香典を頂きます。
香典を頂いた際に
香典返しとして返礼品を渡しますよね?

その返礼品の相場は
いくらくらいなのでしょうか?
どのような事に気をつけて
選べばよいのでしょうか?

今回は葬祭の際の返礼品についての
ポイントをご紹介します。

返礼品とは?

返礼品とは葬式用語で、
通夜や告別式の参列者に対して
お礼のお返しの品として
渡す品の事を言います。
会葬礼品、通夜返し、香典返し、
法事などの参列者への
お礼の引き出物などを総称していいます。

スポンサーリンク

参列者に対する返礼品の相場

お葬式に参列した方なら、
受け取った事があるかと思いますが
小さめの箱に入った
お茶海苔などを受け取ります。
相場としては
500円~1000円位の物が多いようです。
参列した皆さんに
一律に渡すものですから
無難な物とします。

香典に対する返礼品

地域によって異なりますが
一般的には香典の3分の1くらい
品物をお返しします。
お返しをするタイミングは
四十九日法要が終わった後か、
お通夜やお葬式のその場
お返しをする2通りあります。
香典は平均5000円~10000円くらい
なので香典返しとしては
2500円程度の品が相場です。

当日渡す場合は
小さくて軽い物でかさばらない
品物にしましょう。
香典の金額に対して
一律になってしまいますが
後日郵送する手間などが省け、
遺族側の負担を減らす事が出来ます。
2万円以上の香典を頂いた方のみは
四十九日法要が終わった後に、
後日郵送で送る場合もあります。

まとめ

大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
返礼品についても、
金額と品物を考えなくてはいけませんが
選ぶポイントとしては
小さくて軽くかさばらない物、
参列者一律に渡すため、
無難な品物を選ぶと良いですね。
返礼品については
地域によって考え方や風習も異なるため、
事前に調べておいたり、
葬儀社と相談しておくと安心です。
いざという時に困る事がないように、
事前にしっかりと基本的な
マナーを学んでおき、
当日困る事・恥ずかしい事がないように
準備しておきましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事