冠婚葬祭という言葉は
良く聞きますよね?
冠婚葬祭には4つの各漢字には意味があり
ライフイベントにおける
通貨儀式や重要な儀式を表しています。

冠婚とは2つともおめでたい
祝いの儀式を意味しています。
それとは逆に葬祭とは
人との別れの儀式、
ご先祖様を祭る儀式を意味しています。

スポンサーリンク

これらの儀式には宗教や宗派によって
具体的な内容は変わりますが、
様々な礼儀作法やマナーがあります。

大切な人の訃報お葬式
突然と訪れる事でもあります。
何の準備もしていないからこそ、
お通夜やお葬式に参列する際の
マナー、喪服はあるか、
香典はどうするべきか焦りますよね?

今回は、急なお葬式に
参列する事になっても困らないように、
葬祭時に必要なものをご紹介します。

お葬式にまず必要な喪服

男性の一般の参列者の服装は
ブラックスーツです。
黒色の無地のスーツを
着用していきましょう。
ネクタイや靴も
光沢のない黒色で統一します。

女性の一般の参列者の服装は
ブラックフォーマルで、
黒のワンピースアンサンブルです。
肌を露出しない服装で、
アクセサリーは基本的には
身につけません。
ネックレスをする場合は
1連の物にしましょう。

スポンサーリンク

お葬式の持ち物

それでは、お葬式には
何を持っていけばいいのでしょうか?
お葬式での必需品をご紹介します。

お葬式に必須のハンカチ

ハンカチは白色の無地の物が無難です。
しかし、ハンカチはそこまで
厳しく気を付ける必要はなく、
薄い色のピンクや水色など
多少柄や刺繍が入っていても
大丈夫です。

数珠

お焼香の際など、
数珠を使用するため
数珠は必ず必要な物と思い浮かべますが、
そうとも限りません。
仏教徒ではない場合
数珠は必要ありませんが、
一般的なお葬式はほとんどが
仏式で行われているため、
数珠を用意する人が多いのです。
宗派により、
数珠の持ち方や玉の数が異なりますが
お葬式に参列する際は
喪家の宗派に合わせる必要は無く、
自分の宗派の数珠を
持って行って問題ありません。

香典、香典袋、袱紗

お葬式に参列する際は香典が必要です。
香典を持参する場合は香典袋に入れ、
さらに袱紗に包んで持参し、
受付に渡します。

まとめ

大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
何の準備もしていないからこそ、
お通夜やお葬式に参列する際の
マナー、喪服はあるか、
香典はどうするべきか焦りますよね?
お葬式に参列する際に必要な物は、
基本的には
喪服・ハンカチ・香典・数珠が
あれば大丈夫です。
いつ突然と訪れても焦る事がないよう、
これを機に一度準備・確認しておいては
いかがですか?

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事