大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
何の準備もしていないからこそ、
お通夜やお葬式に参列する際の
マナー、喪服はあるか、
香典はどうするべきか焦りますよね?
そして服装や香典のことに気を取られて、
髪形は後回しにする人も
多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

葬儀は宗教や宗派によって
具体的な内容は変わりますが、
様々な礼儀作法やマナーがあります。
このマナーや知識を知らずに
儀式に参加すると、
故人の家族に不快感を
与えてしまいます。

そのような事が無いように、
事前に知識・マナーを
知っておきたいですよね?
今回は今さら聞けないお葬式の
髪型のマナーをご紹介します。

お葬式の髪型のマナー、男性は?

男性の場合、できるだけ耳を出して
清潔感のある髪型にすることが基本です。
また、ワックスやジェルを
テカテカになるほど使用するのは
マナー違反になるので気をつけましょう。
ワックスを使う場合にも
無香料のものを使用し、
髪の毛を立てたりせず、
軽く整える程度にすると良いでしょう。

スポンサーリンク

女性はどのような髪形がいい?

ヘアゴムヘアピン
黒色で統一します。
リボンやシュシュも黒色で無地、
シンプルな物を使用しましょう。
皮製品は動物の
殺生を連想するため、NGです。

ロングヘアの場合は、
うなじ部分より低い位置で
1つに束ねます。
パーマをかけている場合や
金髪の時はまとめ髪をし、
スプレーで黒く染めるなどして
華やかに見える事がないように
工夫しましょう。
1つにまとめる際は
おくれ髪がないように、
サイドをすっきりさせます。

まとめ

大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
何の準備もしていないからこそ、
お通夜やお葬式に参列する際の
マナー、喪服はあるか、
香典はどうするべきか焦りますよね?
特に女性の場合は、
喪服に適した髪型に悩みます。
どのような髪型なら
マナー違反にならないのか、
故人との別れに適している
髪型なのか知っておきたいですね。
いざという時に困る事がないように、
事前にしっかりと基本的な
マナーを学んでおき、
当日困る事・恥ずかしい事がないように
準備しておきましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事