大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
故人の冥福を
祈る儀式の1つである葬儀

スポンサーリンク

家族や親族の場合はもちろん、
親しい友人の葬儀には
是非参列して送りだして
あげたいですよね。

葬祭には様々なマナーがありますが、
妊娠中に葬祭に参列する場合
どのようなマナーがあるのでしょうか?
今回は妊婦さんが葬祭に参列する際の
マナーや注意点、
様々な迷信をご紹介します。

妊娠中は葬祭に参列しても良いの?

妊娠初期やつわり、お腹の張りで
体調がすぐれない場合、
妊娠後期のいつ生まれても
おかしくない場合は
無理して参列するのはとても危険です。
本人だけではなく、周囲の方にも
心配やご迷惑をかける可能性もあるため
式への参列は見合わせ、
落ち着いてから伺いましょう。

特にお葬式は心身ともに疲れやすく、
更に故人と親しい場合は
精神的にもとても大きな負担となります。
妊娠中はただでさえ
デリケートな時期ですから
避けた方が良いです。

スポンサーリンク

参列する際の注意点

実の親や、義理の御両親など、
近しい人が亡くなった場合は
妊娠中でも参列する場合が
多いと思います。
その際に気を付けるべき点として、
服装です。
近しい人が亡くなった場合、
中には着物を着なければいけない
しきたりがある家もあるかと思いますが
妊娠中はお腹を締め付ける事は
NGなため、控えてください。
喪服でなくても黒や紺の
ワンピースなど
シックな物なら大丈夫です。
お腹を締め付けない
服装にしましょう。
冬は寒いですから、十分に冷え対策を、
足もとはなるべくヒールのない
かかとの低いものを選びましょう。

お葬式にまつわる様々な迷信、知っていますか?

【妊婦は火葬場に行ってはいけない】
【妊娠中に葬儀に出ると
アザのある子が生まれる】など
昔から、妊娠中の葬祭にまつわる
迷信がある事を知っていますか?
これらは、昔は赤ちゃんが
亡くなる事が多かったため、
少しでも心身共に妊婦さんへの
負担を減らすように
考えられた物でもあったようです。

また、葬儀に出る時には
小さなをお腹に当てると良い
という言い伝えもあります。
これは、鏡にはとても強い魔力が
あると言われていたため、
鏡をお腹に入れておけば
赤ちゃんを連れて行こうとする霊を
跳ね返せると考えられていたのです。
現在も、鏡を入れるポケットがある
マタニティ喪服もあるようです。

まとめ

大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
妊娠中の場合、
葬祭に参列する事は
おすすめできませんが、
万が一参列する場合は
第一に体調に注意し、
無理をしない事が大切です。
近しい方が亡くなられた場合は
まずは、親族、お医者さんに
相談してみましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事