大切な人の訃報お葬式
突然と訪れる事でもあります。
故人の冥福を祈る儀式の1つである葬儀。
葬儀・お葬式は、
故人が亡くなってからすぐに
短期間の内に行うため、
やらなくてはいけないことや
決めなくてはいけない事が
たくさんあります。

スポンサーリンク

突然の事とは言え、
故人の気持ちを大切にして
家族や親族が一丸となって、
儀式をきちんと執り行う事が大切です。

葬儀を行うにあたり、
まずは手配などを主に進める
喪主を決めなければいけません。
喪主は誰が務めるべきなのか?
どのような基準で選べばよいのか?
悩んでしまいますよね。
しかし、悩んでいる時間はありません!

今回は、スムーズに葬儀の準備が
行う事ができるように、
葬儀の喪主は誰が務めるべきなのか
決める方法をご紹介します。

喪主は誰が務めるべき?

喪主を決める際に一番重要なのは、
故人の遺言です。
故人の遺言で喪主を指定している場合は
その人が喪主を務める事になります。

遺言で指定していない場合、
優先度の高い順にご紹介します。

一般的には故人の
配偶者が喪主になります。
昔は、跡を引き継ぐという事から、
故人の後継者が
喪主となっていましたが、
最近では、家族で最も近い存在であった
配偶者が喪主を務めるケースが
多くなっています。

配偶者が年齢的にも困難な場合、
配偶者がいない場合は
故人の兄弟など、
血縁関係の深い人から
順に務めていきます。

  • 長男
  • 次男以降の直系の男子
  • 長女
  • 長女以降の直系女子
  • 故人の両親
  • 故人の兄弟姉妹

となります。
喪主として務める体力があるか、
故人との関わりの強さから決めます。

故人の血縁者がいない場合は
知人や友人、入所していた
施設の代表者が喪主を務めます。
この場合は、喪主ではなく、
代表と呼ぶのが一般的です。
また、喪主は1人でなくても
問題ありません。
1人に絞れない場合は
複数でも構いません。

スポンサーリンク

まとめ

大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
しかし、葬儀や葬式は
亡くなってからすぐに執り行う儀式です。
すぐに喪主を決め、
喪主が主に葬儀の手配など
やらなくてはいけないこと、
決めなくてはいけない事が
たくさんあります。
喪主が1人で大変な場合は
複数でも問題ありません。
喪主決めで時間がかかる事がないように、
事前に家族で話し合っておくのも
良いかもしれませんね。
間違っても故人の前で
揉めてしまう事のないように、
家族が1つになって
儀式をスムーズにきちんと執り行い
故人を持ち良く送り出してあげましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事