大切な人の訃報やお葬式
突然と訪れる事でもあります。
故人の冥福を祈る儀式の1つである葬儀。
葬儀・お葬式は、
故人が亡くなってからすぐに
短期間の内に行うため、
やらなくてはいけないことや
決めなくてはいけない事が
たくさんあります。

スポンサーリンク

突然の事とは言え、
故人の気持ちを大切にして
家族や親族が一丸となって、
儀式をきちんと執り行う事が大切です。

葬儀を行うにあたり、
まずは手配などを主に進める
喪主を決めなければいけません。
そして喪主の方は
すばやく様々な事を
決定する役割があります。

今回は、スムーズに
葬儀の準備が行う事ができるように、
葬儀の喪主が把握・行うべき事
ご紹介します。

喪主の役割とは?

喪主は、葬儀を始めとした
様々な事を決定し、
スムーズ葬儀を行う事が
できるように葬儀会社への
手配などとても大変な役割があります。
まず、喪主になった際、
知っておきたい
4つの役割をご紹介します。

①葬儀に関しての決定・進行

葬儀に関する会場や日時、
費用などの決定権は全て喪主にあります。
様々な会場の案件の
確認や承認などを行います。
家族や親族と相談の上、
どのような葬儀の形にするのか
費用日時など相談をして、
会場に連絡を取り決定します。
葬儀当日は
会場の方が主に進行してくれるため、
事前の役割を多く担います。

②葬儀当日の挨拶

お通夜葬儀、告別式の儀式の中で
いくつか喪主が挨拶する場面があります。
お坊様が来られた時、お布施を渡す時、
弔問客への挨拶、お通夜の開始、
終わった時などが挙げられます。
様々なパターンを想定し、
事前にあいさつ文を作成しておきましょう。

③読経していただく寺院への連絡・確認

故人の宗派を確認した上、
読経していただく寺院へ連絡をし
読経を連絡しお願いをします。

④葬儀会社の決定

喪主が中心となり、
親族とも相談しながら
進行してもらう
葬儀会社を選び決定します。
住んでいる所から近い葬儀会社や
病院などからの紹介された
葬儀会社などから選び決定し、
依頼します。
初めての事でどこにすれば
良いのか悩む所ですが、
会社によっては内容や
費用が大きく異なる場合があるため、
複数の会社から検討すると良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
しかし、葬儀や葬式は
亡くなってからすぐに執り行う儀式です。
すぐに喪主を決め、葬儀の手配など
やらなくてはいけないこと、
決めなくてはいけない事が
たくさんあります。
喪主が1人で大変な場合は、
複数でも問題ありません。
家族や親族も進んで喪主と共に
相談・協力して決めていくとよいですね。
間違っても故人の前で
揉めてしまう事のないように、
家族が1つになって儀式を
スムーズにきちんと執り行い、
故人を持ち良く送り出してあげましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事