葬儀や法事の際には
香典を用意しますよね。
しかし、香典を用意する際に
香典袋に悩んだことはありませんか?

スポンサーリンク

香典袋には様々な種類があり、
どの袋を選べばいいのか
わかりませんよね。

他にも宗教によって香典袋は
変わってくるのでしょうか?

そんな、知っているようで
知らない香典袋について
調べてみましたのでご紹介します。

包む金額の違いで選ぶ香典袋について

包む金額も1万円~10万円
様々だと思います。
金額によって香典袋も合わせる
というのもあるので
そこも気をつけてみてください。

簡易的な水引が印刷されている香典袋
3千円円~5千円ぐらいを
包むのに適しています。
金額が少ない場合にはこれでも大丈夫です。

一般的な黒白の水引が掛かったものは、
1万円以上を包む場合に適しています。

高級和紙の香典袋に銀色の水引が
掛かったものがあり3万円から
包むのに適しています。

高級和紙に銀紙を使用したり
ひだ折の飾りが付いたものがあります。
この袋は10万円から
高額な金額を包む際に適しています。

ちなみに、水引の意味は「結び切り」
という意味を持ち、固く結ばれ、
二度と繰り返さないようという
意味が込められていて、
弔辞(おくやみごと)や傷病のお見舞、
全快祝い、災害見舞いなどに
用いられます。

スポンサーリンク

宗教ごとに違う香典袋の表書き

香典袋や香典袋の表書きは
宗教によって少しずつ違います。

仏教

葬儀や法事に持参する香典の
のし袋の表書きは
御霊前御仏前が一般的です。
お葬式では御霊前が使われますが、
忌明けの日を境に御霊前は
使えなくなります。
霊になる前と、仏になる前という
仏教の考えがあるからです。
なので、「御霊前」はお葬式、
「御仏前」は法事と覚えておくと
良いかと思います。

神式

表書きが神式は水引きより上に
「御玉串料(おたまぐしりょう)」
「御神餞料(ごしせんりょう)」
「御神前(ごしんぜん)」 

などと書き、
水引の下中央部分に
自分の名前えを書きます。
御仏前と書かないので気をつけてくださいね。

また、香典袋の種類なんですが、
通常の香典袋で水引は銀色のものを
選ぶと良いですが蓮の花模様は避けてください。

キリスト教の場合の香典袋は?

キリスト教式の場合に使用する香典袋は
のしのないタイプで、
十字架がついた専用の袋か白無地の袋、
または黒白5本結び切りされたものを使用します。

表書きは「御霊前」や「御花料」と
記入するのが一般的となっています。
キリスト教でも、「御仏前」と
表書きは使いませんので注意してくださいね。

表書きを、「御霊前」と書く場合は、
黒白あるいは銀色一色の水引の物を使います。
また、「御花料」と書く場合は、
十字の付いたキリスト教向けの香典袋
ありますのでそれを利用すると良いです。

そして、カトリックとプロテスタントでも
表書きに違いがあります。
カトリックは

「御花料(おはなりょう)
「御霊前(ごれいぜん)」
「御ミサ料」

といい、
プロテスタントは

「忌慰料(ちょういきん)」

と書きます。

どちらか分からなかったり、迷う時は「御花料」であれば、
カトリックでもプロテスタントでも使用できます。

ちなみに、キリスト教も蓮模様の印刷してある物を
使用するのは避けてください。

まとめ

香典袋は種類があったり
宗教ごとに違っていて
慣れていないと悩んでしまいますよね。

しかし、香典袋などは違いがありますが
迷った時などには
水引、蓮の花のないタイプを選び
表書きを宗教に合ったものを
記入すれば大丈夫なので
参考にしてみてください。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事