法事に持参する香典
故人に対する供養の
気持ちを表すものとも聞きますが、
どのくらい包んだら良いか悩みますよね。

スポンサーリンク

しかも法事は、
「初七日」「四十九日」「一年忌」
そして「三十三年忌」と続いていきますし・・・
故人との関係性でも
どのくらい包むものなのかと考えると
頭を悩ませます。
そこで、法事の場合の香典というのは
どのくらいの金額を包むものなのか
まとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

近親者が亡くなった場合

自分からみて近い身内の方
(配偶者、両親、兄弟姉妹、子供)
亡くなった場合は、
最低でも3万円は包むのが相場です。
身内であれば、
相場より高めの金額を包む
というのが一般的なようです。
相場が3万円ぐらいなので
人により3万~10万まで
とばらつきはあります。

また、夫婦で参列する場合は
一家族とするので
香典袋は、夫婦で一つのものを使います。
その場合、端数が出るような金額は
注意してくださいね。

スポンサーリンク

友人や知人が亡くなった場合

友人や知人も故人との
お付き合いの深さがあるので、
その点を考えて包みます。
会食などにも出席する場合
法事の金額の相場は
5千円から1万円で、
法要だけで辞退する場合
法事の金額は
3千円から5千円が一般的です。
会食があるのか、ないのかによっての
包み方がありますからその辺りは
臨機応変に対応する感じですね。

友人や知人も親しい人から、
お知り合い程度も
関係性もあるでしょうし、
付き合いの深さで考えることです。
金額が、少なすぎると
恥をかくことにもなりかねませんし
逆に多すぎても、
気を遣わせてしまうことになり
あまり良くないので気をつけましょう。

 

 

まとめ

法事の金額は
故人との関係によって違ってくるのが
分かって頂けたかと思います。
ある程度の金額の基準は
あると思いますが、
親戚間などで考え方が違う場合が
などあることもあるので
気になる人は同じく出席をする人に
聞いてみるというのも
一つの策かもしれません。

ただ、香典袋などは違いがありますが
迷った時などには水引、
蓮の花のないタイプを選び
表書きを宗教に合ったものを
記入すれば大丈夫なので
参考にしてみてください。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事