あなたは葬儀ディレクターをご存知ですか?
なかなか聞きなれない言葉ですよね。
お通夜や葬儀といった人の最期を彩る
葬祭のスペシャリストです。

スポンサーリンク

あなたも葬儀に参列した際に、
葬儀関係の仕事に
就きたいと思った事はありませんか?
葬儀ディレクターになるためには、
資格は必要なのでしょうか?

今回は、葬儀ディレクターになる道、
資格は必要なのかについてご紹介します。

葬儀ディレクターとは?

葬儀関係の仕事に就き、
働くためには必ずしも
必要な資格はありません。
しかし厚生労働省の認定制度があります。
認定されている資格は
葬儀ディレクターと言います。
葬儀ディレクターは
葬式の流れを作り上げる、
葬儀のコーディネーターです。
この資格を持っていれば
葬儀業界において、
知識や技能レベルの一定レベルが
保証されていると言う事で、
顧客からの信頼も得る事ができます。

しかし、このような資格はありますが
必ずしも持っていなくてはいけない
という訳ではありません。
資格を持っていなくても
葬儀社に就職することは可能です。

スポンサーリンク

葬儀ディレクターの資格とは?

資格には1級と2級があります。
資格の内容は、

2級
【個人葬】
個人葬における受注から会場設営、
式典運営までの一般的な知識と技能

1級
【社葬】
全ての葬儀における受注から会場設営、
式典運営までに至るまでの
詳細な知識と技能

この資格取得条件は

2級
葬祭実務経験2年以上

1級
葬祭実務経験5年以上
又は2級合格後2年以上の実務経験

が必要となります。

葬儀ディレクターの資格を取得するためには?

近年では、葬祭関係の専門学校もあります。
このような専門学校は
大手の葬儀会社とも
提携している事が多いため、
就職もしやすく、
葬祭関係の仕事に就きたい場合は
一番の近道です。
専門学校に通うメリットとしては
同じ職につく夢を持った仲間と出会える事です。
葬儀屋関係の職に就きたいという
同じ夢を持った仲間と出会い、
情報を交換しあってお互いに
高め合える仲はとても大切です。

専門学校に通う以外にも、
求人サイトで葬儀屋の
アルバイトなども募集しています。
葬祭関係の仕事と言っても

  • 葬祭ディレクター
  • セレモニースタッフ
  • 生花スタッフ
  • メイク納棺

など職種は様々です。
葬祭全般の職に就きたい場合は
葬祭ディレクターに応募します。

アルバイトの中でも
経験者を求めている場合が多いため、
まずアルバイトで経験をしてから
ディレクターになる道を
目指しても良いですね。
※葬祭関係の専門学校については
こちらの記事
【葬祭 学校】
でも紹介していますので、
是非参考にご覧ください。

まとめ

葬祭関係の仕事につくための
専門学校があるとは、
今回私も初めて知りました。
葬儀ディレクターになるためには
専門学校に通う他にもバイトから
経験を積み上げて
ディレクターになる道
というのもあります。
あなたも葬儀ディレクターになるまでの
自分にあった道を見つけて、
夢に向かって励んでみてください。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事