大切な人の訃報お葬式
突然と訪れる事でもあります。
故人の冥福を祈る儀式の
1つである葬儀。
葬儀・お葬式は、
故人が亡くなってからすぐに
短期間の内に行うため、
やらなくてはいけないことや
決めなくてはいけない事が
たくさんあります。

スポンサーリンク

突然の事とは言え、
故人の気持ちを大切にして
家族や親族が一丸となって、
儀式をきちんと執り行う事が大切です。

そんな中、不安なのは
お金の事ではないでしょうか?
突然の事で、
お金を準備してなかった・・・
今すぐ払えるお金はない、
いつまで支払わなければいけないの?
など気になりますよね。

今回は葬祭にかかる平均的な費用、
ローンについて
調べてみましたのでご紹介します。

葬儀にはどのくらい費用がかかるの?

お葬式に参列した事が
あったとしても、
喪主になった事がなければ
なかなか何が必要で
何にお金がかかるのか、
全部の費用は一体
いくらくらいなのか?
知っている人は少ないと思います。

火葬式の場合でも15万円~20万円。
家族葬一般的な葬儀の場合は
セットプランで40万~80万程度。
その他、オプションを付けたり
内容によりプラスされて
費用はどんどん加算されていきます。

スポンサーリンク

支払期限は?

支払いはだいたい1カ月以内
済ませるケースが多いようです。
参列者から頂いた香典を
差し引いたとしても数十万円のお金が
1カ月以内に必要になる事になります。

故人の口座があるから大丈夫!
と思っていませんか?
銀行などの金融機関は、
口座の持ち主が亡くなったという
事実が分かり次第
口座を凍結してしまい、
振り替えも入金も
一切できなくなってしまいます。

手元に支払えるお金がない場合は?

今後の生活もあるし、
一気に支払う事ができない場合は
ローンを利用する事もあるので
安心してください。

まず頼む葬儀屋さんに
相談してみましょう。
葬儀屋の中では、
現金クレジット分割
してもらえる場合もあります。
葬儀屋さんが窓口となって
ローンを組んでくれる場合もあります。

その他、

銀行のローン
信販会社のローン
カードローン

もあります。

まとめ

急な葬儀で、
大金を用意しなくてはいけないのは
とても大変です。
万が一、
すぐにお金を用意出来ない場合
どのローンを選ぶかは
支払うまでの日数、
金利などの面から条件の合った
ローンを見つけてくださいね。

また、給付金制度もあります。
葬祭を行った日の翌日から
2年以内が期限となっていますので、
忘れずに申請をしてください。
葬儀の後も、初七日や四十九日など、
しばらくは法要や法事、納骨、お墓など
亡くなった後にも
予想以上にお金がかかります。
突然の事で、困る事が無いように
一度家族や親族でお金について
話合っておくのも良いかもしれませんね。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事