大切な人の訃報お葬式
突然と訪れる事でもあります。
いつ何があっても良いように、
あなたは喪服や葬儀に
必要な物を用意していますか?

スポンサーリンク

喪服は1着用意しておくのが理想ですが、
年齢を重ねるにつれて
体型は変化する可能性が高いため、
たまに着てみてサイズを
チェックするのも大切です。
喪服を用意していない方や
サイズが合わなくなった場合、
新たに購入しなくても
レンタルという選択肢もあります。

購入するのとレンタル
どちらが経済的なのでしょうか?

今回は、葬祭に必要な
喪服のレンタルについて
調べてみましたのでご紹介します。

お葬式の服装

【男性】

黒色の無地の
フォーマルスーツが礼装となります。
中のシャツは白シャツで
ボタンダウンではない物を選びましょう。
ネクタイも同じく黒色の
無地の物を着用します。

【女性】

黒のスーツで、
膝が隠れる丈のスカートの
ワンピースが基本です。
生足は厳禁!
必ず薄めの黒地の
ストッキングを着用します。
バッグは光沢の無い黒地の物で、
目立たないシンプルな
デザインにしましょう。

スポンサーリンク

喪服のレンタルってあるの?

喪服のレンタルも色々あります。
葬儀社・貸衣装店・ネットサービスで
レンタルする事が可能です。
各業者により、メリットとデメリットが
あるのでご紹介します。

葬儀社貸衣装店の場合は試着が出来、
即日レンタル可能となります。

ネットサービスの場合は試着はできず、
手元に届くまでも時間がかかりますが
葬儀社や貸衣装店よりも
リーズナブルな価格で
レンタルする事ができます。

場合によってレンタル業者を選ぼう

葬儀の場合は急にやってくるもので、
すぐにでも喪服が必要となります。
そのような時は、
葬儀社か貸衣装店でレンタルしましょう。
葬儀社は時間に融通がききますが、
料金は貸衣装店よりも割高です。

法事法要の場合は、
時間に余裕があるため
ネットサービスがお得です。
最近では最短1日で受取れる
サービスもあるようです。
ネットサービスは
時間に余裕があり、
費用を抑えたい方におすすめです。

喪服レンタルの相場はどのくらい?

レンタル費用は喪服のデザインや素材、
セット内容により異なりますが
2泊3日でレンタルした場合の相場は、

ブラックスーツなどの準礼装
6000円~10000円

和装
15000円~25000円

ただし、衣装を汚してしまった場合や
破損してしまった場合は
別途料金がかかる場合もあります。

まとめ

葬儀というものは
突然と訪れるものです。
事前に喪服を用意しておくことが
理想的ですが、子供の成長や
体型が変化する事を考えて
レンタルサービスを
利用するのもよいかもしれませんね。
自分に合ったサービスを選んで、
是非利用してみてはいかがでしょうか?
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事