大切な人の訃報お葬式
突然と訪れる事でもあります。
特に若い方は普段から派手目なメイクを
楽しんでいる方も多いはずです。
しかし、お葬式や法事の時の
マナーとして華やかなメイクはNGです。

スポンサーリンク

急にお通夜やお葬式に
行かなくてはいけなくなった場合、
どのようなメイクをしたら良いのか
悩んでしまいますよね?

急なお葬式の場合
喪服や香典などで慌ててしまい、
メイクまで気が回らずに
いつものメイクで済ませてしまったり
ノーメイクで行ってしまって
浮いてしまったり・・・・・・。

今回はそんな事が無いように、
冠婚葬祭時のメイク
についてご紹介します。

葬祭時に合ったメイクの仕方とは?

葬儀の時のメイクは
ナチュラルメイクで行けば間違いない!
と思っていませんか?
普段のメイクよりやや薄めの化粧で・・・
と思っている人が多いようです。

一般的なナチュラルメイクとは、
淡いピンクや色合いが
やや薄いパステルカラーを使い、
ふんわりとしたイメージの
メイクの事を言います。

葬儀の場合は
基本的に色味のあるものは使用せず、
塗ったとしてもベージュやブラウンなど
肌馴染みの良い色の物を使用します。

スポンサーリンク

ノーメイクの葬儀参列は?

メイクの仕方がわからないから、
ノーメイクで参列しよう!
と思っていませんか?
ノーメイクでは、
顔色が悪く見えてしまい
マナー違反です。
葬儀以外でもすっぴんで
公の場に出るというのは、
女性としてどうなんだろう?
と思われてしまいます。

葬儀用メイクの仕方

では、葬儀の時は
どのようなメイクをしたら
よいのでしょうか?
具体的にみてみましょう。

ファンデーションはツヤがないものを

ファンデーションは
ツヤ感が出ないマットな
仕上がりになる物を選ぶ。

アイメイクは抑え目に

アイシャドウは基本的にはつけません。
付ける場合は、
パールやラメが入っていない
ベージュブラウンなど
肌馴染みの良い色の物を使用します。
アイラインやマスカラを
使用する場合は、
ウォータープルーフを使いましょう。
葬儀の時は涙を流す事もあるため、
涙によって落ちないように
気をつけましょう。
目元のアイメイク・つけまつげも
目力UPの盛った化粧はNGです。

眉は必ず描きましょう!

眉は薄化粧の中でも描きましょう。
しかし、角度のある眉や短い眉など
活発なイメージを与える眉ではなく、
あくまえも眉を整える程度で
自然な形に仕上げましょう。

チークやハイライトはしてもいいの?

チークやハイライトは
顔にメリハリが出てしまうため、
使用しません。
口紅はツヤ感が無い物で、
パールやラメの入っていない物
色鮮やかな色はNGです。

まとめ

大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
メイクの基本は、
ツヤ感がないフォーマットな仕上がり、
色味のあるコスメを使用しない、
アイシャドウ・チーク・口紅は
肌馴染みの良い色で目立たないように。
いざという時に困る事がないように、
事前にしっかりと
基本的なマナーを学んでおき、
当日困る事・恥ずかしい事が
ないように準備しておきましょう。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事