冠婚葬祭という言葉は
あなたも良く聞きますよね?
冠婚葬祭には4つの
各漢字には意味があり、
ライフイベントにおける
通過儀礼や重要な儀式を表しています。

冠婚とは2つともおめでたい
祝いの儀式を意味しています。
それとは逆に葬祭とは
人との別れの儀式、
ご先祖様を祭る儀式を意味しています。

スポンサーリンク

これらの儀式には宗教や宗派によって
具体的な内容は変わりますが、
様々な礼儀作法マナーがあります。
このマナーや知識を知らずに
儀式に参加すると、
冷たい視線を浴びてしまいます。

そのような事が無いように、
事前に知識・マナーを
知っておきたいですよね?
今回は今さら聞けない
葬祭時にかける
お悔やみの言葉のマナーをご紹介します。

 

お悔やみの言葉

まず、大切な方が亡くなったら
訃報が届きます。
故人との関係により、
対応が異なりますが
訃報を受け取ったら
すぐに弔問に訪れます。
その時に故人の死を悼み
お悔やみの言葉を伝えますが、
この際には親族の心情に十分配慮し、
マナーが大切です。
一口にお悔やみの言葉といっても
様々なマナーがあります。

一般的なお悔やみの言葉

「この度は誠にご愁傷さまです。
心よりお悔やみ申し上げます」

とてもシンプルな言いまわしで、
どんな言葉をかけてよいか迷った時は
これらの言葉を使って伝えましょう。

Sponsored Link
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

病気で亡くなった場合のお悔やみの言葉

「誠に残念な事でございます。
どうかご看病疲れがでませぬよう」

 

「思いがけないご不幸、ご愁傷様でございます。
入院中とは伺っておりましたが、
すぐに退院すると信じ、
お見舞いにも伺いませんでした。
大変失礼いたしました。
心からお悔やみ申し上げます」

入院中にお見舞いに行けなかった場合は
長々と理由を説明しないのがマナーです。

急死の場合のお悔やみの言葉

「突然の事でなんと申し上げたら
よいものかわかりませんが、
心よりご冥福をお祈りします」

 

「思いもかけない知らせを受けて、
未だに信じられない気持です。
心からお悔やみ申し上げます」

事故急死の場合、
遺族は大変なショックを受けています。
お悔やみの言葉をかける際は、
遺族の心情に対して
細心の心配りをしましょう。
故人の最後の様子や
理由などは尋ねないのがマナーです。

スポンサーリンク

まとめ

お悔やみの言葉は、
遺族の心情に対し
細心の心配りが必要です。
死を直接、間接的にも
連想する表現は避け、
簡潔にまとめましょう。
“また”“重ね重ね”“再三”など、
不幸や死が重なる事を連想させる
繰り返しの言葉は
使わないようにしましょう。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事