大切な人の訃報お葬式
突然と訪れる事でもあります。
故人の冥福を祈る儀式の1つである葬儀。
葬儀お葬式
故人が亡くなってからすぐに
短期間の内に行うため、
やらなくてはいけないことや
決めなくてはいけない事が
たくさんあります。

スポンサーリンク

突然の事とは言え、
故人の気持ちを大切にして
家族や親族が一丸となって、
儀式をきちんと執り行う事が大切です。

親族として葬儀に参列する機会は
そうそうある事ではありません。
かといって、マナーを知らずに参列すると
周りから親族なのにマナーを知らないと
冷たい視線をあびますし、
恥をかくこととなってしまいます。

突然葬儀が訪れても
焦る事がないように、
今回は、親族して参列する葬祭のマナー、
一連の流れをご紹介します。

親族の服装

遺族正装となりますが
親族遺族を超えてはいけないため、
略装で問題ありません。

※服装についてはこちらの記事
お葬式で気をつけるべき服装のマナーとは?
でも紹介していますので、
是非参考にご覧ください。

スポンサーリンク

親族の香典

香典は必ず用意します。
故人との関係の深さや年齢により
金額を考えて包みます。


[引用元:http://www.g-linknet.co.jp/]

※香典についてはこちらの記事
お葬式における香典のマナーとは?避けるべき金額は?
でも紹介していますので、
是非参考にご覧ください。

親族の供物

何を供えるかについては、
親族に希望を聞いて
用意することをお勧めします。
会場の広さの都合や
形式によっても異なるためです。
故人や喪主と近い方は
お花や花輪等の供物を用意します。

Sponsored Link
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

当日は時間厳守

親族の場合は、
会場のお手伝いなどが
あるかもしれませんので
事前に集合時間を確認し、
早めに到着するようにしましょう。
葬儀が始まったら、
祭壇に向かって右側の列に
遺族、親族の順に座ります。

焼香の順番

ご焼香は、
遺族→親族→関係者→一般の
参列者の順に行います。
会場の担当者の指示に従って
順番にご焼香していきます。

※焼香についてはこちらの記事
お焼香にはどんな意味があるの?行うときのマナーは?
でも紹介していますので、
是非参考にご覧ください。

葬儀終了後

葬儀の最後には
喪主の挨拶があり出棺、
その後に会食を行います。
出棺の際には、
親族の男性が棺を運ぶお手伝いをします。

まとめ

大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
全ての流れを
把握しておく必要はありませんが、
親族として事前に
あらかじめ知っておくと、
当日は余裕を持って
故人を見送る事ができますね。
万が一不明な事があった時は
会場の担当者に聞くと、
間違いなく安心です。
いざという時に
困る事がないように、
事前にしっかりと
基本的なマナーを学んでおき
当日に困る事・恥ずかしい事が
ないように準備しておきましょう。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事