冠婚葬祭という言葉は
あなたも良く聞きますよね?
冠婚葬祭には4つの各漢字には意味があり、
ライフイベントにおける
通過儀礼や重要な儀式を表しています。

スポンサーリンク

冠婚とは2つとも
おめでたい祝いの儀式を意味しています。
それとは逆に葬祭とは
人との別れの儀式、
ご先祖様を祭る儀式を意味しています。

儀式には宗教や宗派によって
具体的な内容は変わりますが、
様々な礼儀作法マナーがあります。
このマナーや知識(ルール)を知らずに
儀式に参加すると、
冷たい視線を浴びてしまいます。

冠婚葬祭を経験する機会は
そうありませんが、
お葬式の時のお焼香
正しいやり方を知っていますか?
突然参列する事になり、
恥をかかないためにも
事前に知識やマナーを
知っておきたいものです。

今回は今さら聞けない
葬祭時の焼香のマナーをご紹介します。

お焼香の意味とは?

お焼香とは、仏様や死者に向けて
香を焚いて拝む事を言います。
お焼香は漢字の通り
“香り”が特徴ですよね?
その香りを捧げるという
意味合いで使われ、
仏様はその香りをとても
喜ぶと言われています。

お葬式や法事で行われる儀式で、
細かくした香を香炉に落として焚きます。

 

余談ですが、
お線香は日常のお参りの際に行うもので、
お線香を上げると言います。
線香の独特な香りは場所や人を清め、
浄化する意味もあるそうです。
お墓を清め、お参りする人間の心を
清めた状態でお参りできるように、
お線香を供えるのです。
土葬していた昔の時代は
お線香を燃やすことで、
お線香の香りによって
死臭を消していたそうです。

また、仏壇でお線香をあげる場合、
香煙を通して、ご先祖様とお話する
という意味があります。

スポンサーリンク

お焼香の正しいやり方(ルール)は?

右手の親指・人差し指・中指の三本の指で
抹香をつまみ、額の高さまで上げて、
指をこすりながら香炉に落とします。
これを1~3回行います。

お焼香の種類は何パターンある?

お焼香には3種類あり、
立礼焼香座礼焼香回し焼香とあります。

立礼焼香は
椅子式の式場で多く利用されます。

座礼焼香は
座敷の式場で多く利用されます。

回し焼香は
式場が狭い場合に多く利用されます。
自分で焼香に行くのではなく、
焼香炉が回ってきます。

まとめ

お焼香はつまみ、おしいただき、
落とすという作法は共通ですが
宗派により、回数などの違いがあります。
相手の宗派に合わせて
行う事が望ましいですが、
大切なのは故人を想って行う事です。
いざという時に困る事がないように、
事前にしっかりと基本的な
マナーを学んでおき、
当日に困る事・恥ずかしい事が
ないように準備しておきましょう。
余裕がある時には自分の宗派の
作法を覚えた上で、
相手の宗派の作法について
知っておくと良いですね。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事