冠婚葬祭という言葉は
あなたも良く聞きますよね?
冠婚葬祭の4つの各漢字には意味があり、
ライフイベントにおける
通貨儀式や重要な儀式を表しています。

冠婚とは2つとも
おめでたい祝いの儀式を意味しています。
それとは逆に葬祭とは
人との別れの儀式、
ご先祖様を祭る儀式を意味しています。

スポンサーリンク

これらの儀式には宗教や宗派によって
具体的な内容は変わりますが、
様々な礼儀作法やマナーがあります。
このマナーや知識を知らずに
儀式に参加すると、
故人の家族に不快感を与えてしまいます。

そのような事が無いように、
事前に知識マナー
知っておきたいですよね?
今回は特に男性が悩む種である
今さら聞けないお葬式の
ネクタイのマナーをご紹介します。

お葬式のネクタイのマナー、色は黒じゃないとダメ?

お葬式に参列する際、
男性が着用する
ネクタイの色は基本的に黒色です。
黒無地を基本とするため、
ストライプなどの模様や
刺繍が入っているものは
ふさわしくありません。

しかし、中には例外もあります。
一部の宗教の中には、
少数ですが、葬儀の際に
白いネクタイを着用する場合があります。

また、突然の訃報により、
その日に駆けつけないと
いけない場合もあります。
このような場合は
職場から直接行くケースが多いため、
ダーク系のスーツとネクタイで有れば
大丈夫という考え方もあります。

最近はネクタイもコンビニで手に入る!

最近では売店コンビニでも
黒のネクタイなど販売しているため、
買って締めかえたほうが
無難かもしれません。

スポンサーリンク

結び方はどうすればいいの?

ネクタイの結び方は
特に決まりはありませんが、
基本的には、ベーシックな結び目が小さい
プレーンノットの結び方で
全体をスッキリとした
ラインに仕上げましょう。


[引用元:http://www.tie-factory.com/]

法事の場合のネクタイは?

光沢の無い黒色無地ネクタイ
葬祭では(葬儀でも法事でも)
共通して着用する事ができます。

また儀式としては葬儀よりも
法事の方が軽いため法事の際は、
多少の刺繍や模様入りでも大丈夫です。

まとめ

大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
何の準備もしていないからこそ、
お通夜やお葬式に
参列する際のマナー、
喪服はあるか、
香典はどうするべきか焦りますよね?
どのような服装なら
マナー違反にならないのか、
故人との別れに適している服装なのか
知っておきたいですね。
いざという時に困る事がないように、
事前にしっかりと
基本的なマナーを学んでおき、
当日に困る事・恥ずかしい事が
ないように準備しておきましょう。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事