近年では晩婚化が進み、
子供を持たない夫婦も
珍しくない時代となっています。
一般的に、親の遺産は子へと
相続されていくものですが、
あなたに子供がいますか?

スポンサーリンク

自分がこの世を去った場合
財産をどのように残せばよいのか
考えた事はありませんか?
子供がいないから、
配偶者しか相続する人がいない・・・。

それは大きな間違いです。

今回は、子供がいない夫婦の
相続についてご紹介します。

子供がいない夫婦の相続はどうなるの?

夫が亡くなったら、
遺産は全部妻に相続される?

子供がいない夫婦の場合、
夫が亡くなったら遺産は
一体誰が相続するのでしょうか?
全て妻が相続できるの?
いえ、それは違います。

子供がいない夫婦は、
配偶者が亡くなった場合の相続人を
是非確認しておくことが必要です。

スポンサーリンク

子供がいない夫婦の場合、夫が亡くなったら相続人は誰?

  • 両親が健在の場合
    親→3分の1 妻→3分の2
  • 両親はいないが兄弟姉妹がいる
    兄弟姉妹→4分の1 妻→4分の3
  • 両親も兄弟姉妹も甥・姪など
    相続人がいない場合

    妻が全て相続します。

ここで注意したいのは、
親も兄弟姉妹もいないが
甥・姪がいる場合
甥・姪は代襲相続人となり
相続人として認められます。
代襲相続人(だいしゅうそうぞくにん)とは
相続開始時に相続人が
亡くなっていた場合、代わりに相続する人
のことです。

Sponsored Link
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

もし、自分がこの世を去った後
甥や姪ではなく、
配偶者に全部相続させたい場合は
遺言が必要となるため、
生前に遺言状として
必ず残しておきましょう。

遺産を全て妻に相続したい場合の注意点

子供がいない夫婦は、
自分の遺産を全て妻へ
相続したいと考える人も多いと思います。
しかし、ここでトラブルに
ならないように注意点もあるのです。

それは、自分の親から
受け継いだ資産がある場合です。
親から受け継いだ資産が
妻へ相続されると、
妻が亡くなった場合
配偶者の家計へ移ってしまいます。
そうなると、自分の兄弟姉妹は
当然の事ながら
おもしろくない話でしょう。
子供がいない夫婦は、
全てを配偶者に相続するのではなく
親から受け継いだ資産がある場合は
特に、兄弟姉妹へ相続させる事も
配慮するべきなのです。

まとめ

自分の遺産を相続する
順の第一位は子供。
もし子供がいない夫婦は生前に、
誰が相続人となるのか
確認を行っておく必要があります。
配偶者に全ての遺産を
相続したい場合は遺言を書き、
書いた事を伝えておきましょう。
夫婦の資産はなるべく
均等に持つ事で、
相続税の負担を減らす事ができます。
稼ぎの多い夫は生活費を出し、
妻の収入は貯蓄に回すなど
名義もきちんと管理することで
相続の場合、離婚の際も
スムーズに行う事ができます。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事