あなたが今、相続に関して
知りたいと思っていると言う事は
両親が亡くなったり、
遺産相続の手続きに
直面しているのではないでしょうか?
または、将来に備えて、
遺産を相続する事に関して
事前に学んでおこうと
思っているのでしょう。

スポンサーリンク

相続する遺産としては一般的に、
土地
建物
預貯金
証券

生命保険
などが挙げられます。
親が亡くなった場合、
親の残した遺言を元に
相続財産はその子孫に分配されます。

一般的に被相続人の遺言を元に
遺産は相続されますが、
生前になにげなく交わした
口約束も遺言の内に入るのでしょうか?

今回は、口約束は遺言として
認められるのかを調べてみました。

 

口約束は遺言として認められるの?

姉が所有する家で
私も一緒に住んでいました。
姉は自分が死んだら
この家をあなたにあげるわ!
と口約束をし、姉は亡くなりました。
私にはもう一人、
妹がいますが、姉との口約束の通り
姉の家は私のものになるのでしょうか?

こういった「あなたにあげる」
という言葉は遺産相続の場面で
よくあることのようです。
基本的に遺言とは
書面で残す事が原則ですから、
口約束は遺言としては認められません。

しかし、全く無意味なものかと言うと、
そうではないのです。
被相続人はあなたに
贈与の意思を示した事になります。
死後にあなたにあげるという口約束は、
死因贈与といいます。
死因贈与とは自分の死を原因として
発生する贈与のことです。

スポンサーリンク

死因贈与が認められる条件とは?

口約束はもちろん
書面として何も残っていません。
なので、被相続人が
あなたにあげる!と言っていたと
主張しても死因贈与は
当然ながら認められません。
死因贈与が認められるためには
二つの条件があります。

証人がいるかどうか

被相続人から「あなたにあげる」と
言われたと証人できる人は
あなた以外にいますか?
実際に見聞きしていた
証人が必要となります。
証言できる人であれば、
親族や家族以外の人
近所の人や友人でも構いません。

相続人が皆承諾すること

この場合の家や土地などの
財産の名義変更をする場合には
相続人全員の実印
印鑑証明書が必要となりますので、
相続人全員から承諾された上で
取得できれば、
死因贈与が認められた事となります。

これら二つの条件が揃うと
口約束であっても、
死因贈与が認められます。

まとめ

例え書面がない口約束でも
他にも証人がいて、
相続人全員の承諾が得られると
相続が認められる事がわかりました。
また、遺言までいかなくても、
書面でその事実を
証明できるものが残っていると、
条件の①に該当するようです。
その書面には贈る人と
受け取る人の捺印がある事が重要です。

万が一口約束をした場合は、
その場で簡単な書面に捺印と共に
残しておくと良いですね。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事