あなたが今、相続という意味を
知りたいと思っていると言う事は
両親が亡くなったり、
遺産相続の手続きに
直面しているのではないでしょうか?
または、将来に備えて、
遺産を相続する事に関して
事前に学んでおこうと
思っているのでしょう。

スポンサーリンク

遺産の相続手続き
なるべく早くに行った方がよいと
よく耳にしますが、
法的に手続きには
期限はあるのでしょうか?
相続の期限が切れてしまったら、
遺産が他の誰かのものに
なってしまうの?
と考えたことはありませんか?

今回は、遺産相続の手続きの
期限について調べてみました。

相続には期限はあるの?

565459

相続には
期限が決まっている手続きと、
期限がない手続きがあります。
期限が過ぎたからといって
遺産が他の誰かのものに
なってしまうことはありませんが、
誰がどの遺産を
どのくらいもらうかを決める
遺産分割協議を早めにしておかないと、
遺産は相続人全員の
共有物のままとなってしまい、
後々、売りに出す際に
面倒な事になってしまいますので、
気を付けてください。

スポンサーリンク

期限が決まっている手続きとは?

d5ff5e8a84c029739eaec7959c46348c_s

期限が決まっている手続きには
いったいどのようなものが
あるのでしょうか。
期限が短い順にご紹介します。

三か月以内

  • 相続放棄
    一切何も相続しない、
    関わりたくない方は放棄する事ができます。
    この場合、相続人ではないとされます。
  • 限定承認
    相続する財産の範囲内で、
    借金がある場合は支払い、
    トータルでプラスになった場合のみ
    遺産をもらい、マイナスの場合は
    放棄するというものです。
    これら二つは話し合いだけでは
    法的には決定されませんので、
    家庭裁判所に届け出を
    する必要があります。

4か月以内

  • 所得税準確定申告
    確定申告が必要な人が死亡した場合は、
    その年の1月1日から死亡の日までの
    所得を確定申告しなければなりません。
    この準確定申告は相続発生から
    4カ月以内にやらなくてはいけません。

10か月以内

  • 相続税の申告と納税
    財産を相続するためには
    相続税という税金がかかります。
    相続税の申告と、
    納税は10カ月以内に行います。

1年以内

  • 遺留分減殺請求
    例えば遺言により、
    家族以外の方に財産が全て渡った場合、
    それでは残された家族の生活が
    不安定になるため、
    少しだけ取り戻す事が出来る
    権利があります。
    この残留分権利の行使は
    1年以内に行わなくてはいけません。

期限がないもの

土地・建物の手続き
預貯金・株券・自動車・その他の手続き

まとめ

期限のあるものとないものの
手続きがある事がわかりましたね。
法的には期限がないものもありますが、
相続の手続きはなるべく早めに
行っておくのがベストです!
手続きをする際は、
期限がある物から順に行って行きましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事