あなたが今、相続という意味を
知りたいと思っていると言う事は
両親が亡くなったり、
遺産相続の手続きに
直面しているのではないでしょうか?
または、将来に備えて、
遺産を相続する事に関して
事前に学んでおこうと
思っているのでしょう。

スポンサーリンク

遺産を相続する際には
様々な分配方法がありますが、
被相続人が夫で死亡の場合
妻である配偶者が
相続分の3分の2を相続します。
お子様がいる場合は
その相続の配分は変わってきますが、
配偶者である妻が妊娠中の場合、
お腹にいる胎児にも
相続権はあるのでしょうか?

今回は、生まれる前の
胎児の相続権についてご紹介します。

生まれる前の胎児にも相続権はある?

522e9ad74ee6ae0ad118c5880b52cd63_s

配偶者が妊娠中の場合、
そのお腹の子にも
相続する権利があります。
胎児はまだ世の中には
出てきていませんから、
法律上での権利が
与えられることはありませんが、
お腹の子供は生まれてくる
可能性のある子供とされるため、
生まれてくる子供に対して
相続権がないという事は
不公平という考えから、
お腹の中の胎児にも相続権はあるのです。

民法 第886条
母親のお腹の中にいる胎児は
生まれているとみなして、
相続について遺産の相続を
受ける権利があります。
しかし、死産の場合は適用されません。

相続権を与える理由として、
生まれた後の成長のためには
お金が必要で、
相続した遺産で生活費用の一部を
まかなえるようにという考え方です。

スポンサーリンク

遺産分割協議は胎児が生まれる前でも行える?

イラスト縦

胎児が生まれる前に、
その子の分を含めた
遺産分割協議を行うことはできます。
しかし、これは無事に生まれてくる事を
前提として相続する人数に含めて
協議するため、死産や流産などで
生まれてくる事ができなかった場合は、
やり直しになります。

生まれていない子供に
相続権は認められるものの、
その子が実際に無事に
生まれてくるまで、
相続人が何人になるか
誰になるかはわかりません。
そのため、出産後、
子供が無事に生まれてから
相続の協議に入ったほうがよいでしょう。
子供が生まれてくるまで
協議を待つ方が確実という訳です。

まとめ

お腹の中の胎児にも
遺産相続の権利があるとは驚きですね。
生まれてきてから、
遺産分割協議に入ったとしても
幼児は発言できませんから、
弁護士などの法律専門家を
法廷代理人にすることが確実な方法です。

万が一、妊娠中に
相続問題が起きた場合は、
まずは法律家に相談して
良い解決方法を探していきましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事