お墓参りと言えば
お花をお供えする事は定番ですが、
あなたは自分でお供えするお花を
選んだ事はありますか?

スポンサーリンク

お盆の時期に
仏花はよくスーパーでも
売っていますよね?

せっかく供えたお花は暑い地域では
一日で枯れてしまいます。
お花やお線香は供えたまま
帰っても大丈夫ですが、
一部の霊園では、
虫が寄ってくるなどの理由から
生花の持ち帰りを
勧めている箇所もあるようです。

生花はすぐに枯れてしまうから、
造花にしても良いの?
そんな疑問を持ったことはありませんか?

今回はお墓参りにお供えする
お花のマナー、
造花についてご紹介します。

お墓参りで避けた方がよいお花ってあるの?

d90b96a72d2873ea3bf822ec99e19357_s

実は、このお花はNG
というお花はありません。
基本、何でも良いそうです。

なので、是非、
故人が生前に好きだったお花を
飾ってあげると喜ばれるでしょう。
しかし、避けた方が良いお花は
あるようです。

・毒のある花
・棘のある花
・香りの強い花

これらのお花は
避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

それでは造花でもよいの?

2dbdd26e8f132bc75ccf9380bedecb3a_s

基本的にどんな花でも良いと
ご紹介しましたが、
造花の仏花もOKです!
最近では母の日などで
ブリザーブドフラワーなどが
流行っていますよね。

宗派によりますが、
基本的に造花でも大丈夫です。

造花を供えるメリット

暑い地域では特に
生花はすぐに枯れて
腐敗してしまいます。

その点、造花は水もいらず
長い間お墓を飾ってくれるという
メリットがあります。
また、虫も寄らず、
腐敗もしないため、
衛生面から見ても良いですね。

また、霊園によっては生花を
処分してくれない所では
生花を禁止とし、
造花を多く供える所もあるようです。

九州では造花の方が主流の地域も

特に、九州の地方では
仏花の造花を供える習慣が
広まっているようです。
これは暑いという理由もあるのか、
九州地方は昔から新しい文化を
取り入れる土地柄なのかもしれません。

造花を供えるときの注意点

お墓に造花を供えてもいいといっても、
お墓には色々な親族がお参りに来ます。
特に、年配の方や信仰の厚い方には
造花はトラブルの原因になりかねません。
お供えのお花を生花にするか
造花にするかは年長者の意見に
合わせることをお勧めします。

まとめ

命の短い生花を供える事で
「命の尊さに感謝する」
という意味がこめられているそうです。
お墓参りはご年配の家族や
様々な方がお参りに来ますので、
自分が良くても周りの方に
不快な思いをさせないような
お花を選ぶのが無難です。
造花には造花のメリットもありますが、
お盆や命日などのお墓参りの際には
生花を飾ってみると
良いかもしれませんね。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事