人が亡くなると
まずはお葬式が行われ、
火葬された後
遺骨はお墓へ埋葬されます。
亡くなった人をお墓に埋葬する
という風習の歴史はとても古く、
時代により、埋葬の形は
様々に変わっていますが、
死者を埋葬し、供養する形は
現在まで引き継がれています。

スポンサーリンク

お墓には先祖代々の
ご先祖様が眠っています。
いわゆる、お墓は最後のすみかなのです。

そんなご先祖様が眠る
最後のすみかにも様々な形があるのを
知っていますか?

今回はお墓納骨堂の違いをご紹介します。

お墓と納骨堂の違い

「納骨堂」という言葉を
聞いた事がありますか?
納骨堂は、東京などの
都心部に住んでいる方は
よく耳にすると思います。

お墓は山の近くなどの
広い場所にあり、
遺骨を土に埋めて永遠に
収蔵する場所であります。
お墓には建設費工事
永代使用料管理費用など
金銭的にもかなり費用がかかります。

一方、都心などお墓を
立てるにも土地が狭く、
立地的に困難な場合に適して
納骨堂は、亡くなった方の
遺骨を一時的に保存、
預ける場所です。
最近は、一時的に納骨堂を
利用する方が増えてきています。

スポンサーリンク

お墓の特徴

08ddc740ed35c3c8d2406e1b6f194782_s

昔から、死者は生命が誕生した
大地である土へ還すという
意味合いから埋葬されてきました。
お墓に墓石があり、
お墓の中に納骨するスペースもあるため
骨壷にお骨を入れて埋葬します。
このお墓は残された遺族に
引き継がれていき、
先祖代々の遺骨を
埋葬していく事ができます。
屋外にあるため、
定期的な掃除メンテナンス
維持費もかかるために
管理する労力も
それなりに必要とします。

納骨堂の特徴

nkt_img2_s
[引用元:http://www.syakaji.jp/]

納骨堂は屋内にあり、
ロッカーのような所に
骨壷を収蔵します。
納骨堂の多くは
都心部などの
人口が集中した場所で多く見られ、
交通機関の便利な場所や
施設の設備も整っており、
お墓のような掃除は必要としないため、
管理する負担は
お墓より少なくすみます。
しかし、お墓のように
いつでも参拝できたり、
好きなだけお供えをする事はできません。

昔は一時的に
遺骨を預かる施設でしたが、
最近では、長期的に弔う役割として
納骨堂を利用する方が多くなり、
お墓を継ぐ方がいなかったり、
経済的にお墓を立てるのは
困難だったり、
結婚せずに独身の方が利用する
ケースが増えているようです。

まとめ

お墓を建てて
お墓を守っていくということは、
亡くなったご先祖様への
感謝と供養の気持ちを伝え、
現在も明るく幸せに暮らす事が
できている感謝の気持ちを
伝える大事な場所です。
また納骨堂は
都心に住んでいたり、
お墓を立てることが
困難な場合に適しています。
故人の最後のすみかとして
どのような形を取るか、
家族や親戚と事前によく話し合って
決めておくとよいですね。
どのような形でもご先祖様を大切に
感謝の気持ちを込めて
供養する場ですので、
絶対に失敗する事の無いように
最善の形を選びましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、
知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事