仏教では人が亡くなると
まずはお葬式が行われ、
火葬された後、
遺骨はお墓へ埋葬されます。

スポンサーリンク

日本では仏教のお参りの仕方が
一般的ですが、
異なる宗教である
キリスト教お参りの仕方を
知っていますか?
大きく異なる点としては、
仏教ではご先祖様に対して
手を合わせて供養しますが、
キリスト教では故人ではなく
神に対して行われます。

今回はキリスト教の
お墓参りの仕方をご紹介します。

キリスト教のお墓参りの手順

ea8ee62b45a9824d6503ffe7e4db760e_s

お墓に行ったら、
まずお墓の掃除をします。
これは仏教も共通していますね。
どの宗派でもまずは、
ご先祖様の眠っている住み家を
綺麗にすることから始めます。

次に、小ぶりの白いお花を供えます。
仏花はNG!
白い小菊
白いカーネーション
白いユリ
などをお供えします。

そして、参列者で賛美歌を合唱し、
聖書を朗読した後に
胸の前で手を合わせて礼拝します。

基本的には仏教のお参りと
大きく異なる点はありません。
仏教は故人に対して
お参りするのに対し、
キリスト教に対して
祈りを捧げているという点が異なります。
亡くなった方が人生で受けた
様々な恵みを神に感謝するのです。

スポンサーリンク

キリスト教でお参りをする日はいつ?

263f68caa9bfc35f0d32185bf66fbbef_s

キリスト教では
特に決まりはありませんが、
命日にお墓参りをする事が多いようです。

カトリックの場合

死後3、7、30日目に追悼ミサを行い
毎年、万聖節の翌日である
11月2日(万霊節)に教会に
集まって特別なミサが行われます。
この日は死者の日として
お墓参りも行います。
教会で行われるミサの前に
お墓参りを済ませておきましょう。

プロテスタントの場合

故人の死後1カ月後の昇天記念日
1、3、7年目の昇天記念日
お墓参りをします。

まとめ

仏教の場合のお墓参りは
亡くなったご先祖様への感謝と
供養の気持ちを伝える大事な場所ですが
キリスト教では故人に対して
祈るのではなく、
亡くなった方が人生で受けた
様々な恵みを神に対して
お祈りをするのですね。
故人は既に神の元で
安らかな日々を送っていると
されていますので、
お墓参りの際の祈りは
神に向けてするようです。
故人を大切に思う気持ちは
どの宗教においても同じですが、
考え方や作法は違います。
キリスト教徒の方が
仏式の葬儀に参列する事はありますが、
考え方の違いからお焼香はしません。
また、お墓参りをする事もありますが、
その時も故人に対して
祈る事はないと言う事を
頭に入れておくと、
キリスト教徒の方と
一緒になった場合でも
不思議に思う事はないですね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事