お墓参りの際は、お墓の掃除をしてから
お花とお供え物をします。
そしてお線香をあげますよね。

スポンサーリンク

今まで、お墓参りと言えば
当然のようにお線香をあげていましたが、
一体なぜ線香を供えるのか知っていますか?

実は子どもに質問されたのですが
私は答えることが出来ませんでした…。

お線香の供え方についても
何本供えるのか、
束のままでいいのか、

意外にもお線香についてのマナーで
分からない事って意外と多いですよね。

さっそく調べてみたことをまとめてみました。

今回はお墓参りのお線香についてご紹介します。

お墓参りで線香を供える意味は?

8784eeb8e673ae6ecc6baee5efd9d0fe_s

お線香は漢字の通り“香り”が特徴ですよね。

その香りを捧げるという意味合いで使われており、
仏様はその香りをとても喜ぶと言われています。

線香の独特な香りは場所や人を清め、
浄化する意味もあるそうです。

お墓を清め、お参りする人間の心を
清めた状態でお参りできるように、お線香を供えるのです。

そもそもなぜ香り付きになったかというと、
土葬していた昔の時代はお線香を燃やすことで、
お線香の香りによって死臭を消していたそうです。

火葬になっている現代にもその名残として
残っているのですね。

また、仏壇でお線香をあえる場合
香煙を通して、ご先祖様とお話するという意味があります。

あなたが亡くなった方へ何か伝えたい事や
お話したい事がある時はお線香をあげると
ご先祖様に伝えることができるのです。

スポンサーリンク

お線香は束のままお供えするの?

4c319c711b29328f5f43e0261f131dbd_s

お墓参りの際に、お線香は束のまま持っていきますよね?

その束のまま使うかばらすかは
宗派によって異なるようです。

束で挙げる場合は火をつけて、お墓に置くだけです。

仏壇の場合は、線香の本数や立てるか
寝かすかなど様々な作法がありますが、
お墓参りの際はあまり気にしなくても良いでしょう。

線香の火の消し方

線香の火を消す時
線香を持って縦に振って消します。

息を吹きかけて消すのは、マナー違反
となるので決してしないでくださいね。

人の口は食べ物を食べ、けがれやすいものであり
仏様に供える線香やろうそくの火を
息で消すのは良くないとされています。

まとめ

お墓参りは先祖の方に感謝の気持ちを込めて
偲ぶための大切な行いです。

お線香にはこのようなたくさんの意味があるとは
今回、私も初めて知りました。

線香の香りに包まれながら、
心を沈め、先祖様に日々の感謝をこめて
静かに会話をしながらお参りをしましょう。

線香には火を使いますから、
きちんと後片付けを忘れずに注意してくださいね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事