お墓参りの際、
お墓の周りの雑草の掃除に
苦労された経験が
一度はあるのではないでしょうか?

周りの友人に聞いても
特に楽な方法などを
知っている人もいませんよね?

お墓参りに行くたびに
足腰を痛めながらも頑張って掃除する
というかたも多いのではないでしょうか?

そんな私もその一人です。

今日はそんなあなたのために

超簡単に出来る掃除方法除草対策

ご紹介します。

①玉砂利を敷く


(引用→http://ur0.biz/Olol)

雑草が生えるのは
単純に土がむき出しだということ。
それに玉砂利でフタをすることで
太陽も当たらず
生えるスペースも無いため
生えにくくなります。

色も黒・白・グレー・茶色
などのおしゃれな色がそろっていて
お墓がきれいに見えて一石二鳥ですね。

玉砂利の大きさに
特に決まりは無いので
好きな物を敷いちゃて大丈夫です。

ホームセンターなどに
30キロ1500~4000円くらいが
平均的な値段です。

かなり重たいので車で買いに行くか
ネットで注文して自宅まで
届けてもらったほうが良いでしょう。

玉砂利を敷くときの注意点

玉砂利を何袋買えばいいのか
よくわからないという方は、
少し多めに買っておくことをおすすめします。

なぜかというと、
玉砂利はいつかは汚れてしまいます
磨きなおすのは大変なので
その場合は買いなおす方が安いです。

すこし多めに買うことで再度使うため
無駄にはなりません。

あと、雑草が生えないようにするには
だいたい玉砂利を3センチくらいまで
敷くようにしてください。

それでしたら雑草もなかなか生えてこないので
安心ですよ。

スポンサーリンク

②防草シートを敷く

見た目は悪いですが、これもお手頃です。
ちゃんと除草した後で敷くことで
太陽光が当たらなくなり、生えてきません。

1m×1mで300~2000円で、
高いものですと10年くらい長持ちします。

どうしても見た目が嫌!
という方は、シートの上に玉砂利を敷いて
みたらすごくきれいに見えますよ。

③塩をまく

塩をまくことで土の塩分を高めて
雑草が水分を吸収できなくなるため
枯れてしまいます。

ただ植物を枯らすほどの大量の塩をまくのは
大変です。

ちょうどこの部分だけ生えないようにしたい!
という方は試してみても良いかもしれません。

スーパーで売ってる塩で大丈夫ですよ。

④除草剤をまく

除草剤には液体タイプ粒タイプ
2タイプあり、それぞれの特徴としては
液体タイプは効きが早く、
効果が短い(2~3か月くらい)

粒タイプは効きが遅い(一週間前後)ですが
効果は半年くらい続きます

値段も1500~3000円で売ってますので
掃除する手間と比べればお手頃です。

除草剤を使う際の注意点

除草剤は毒性が強いので周囲の草木にも
影響が出る場合があります。

ですので使用する際に、
管理者に使用許可を取ってから
購入されたほうが良いですね。

他にも、強い風の日は
飛び散ってしまいますので
使用は気を付けてください。

使用する際には、手袋やマスクを着用
長袖長ズボンが良いでしょう。
身体についたときはよく洗い流せば大丈夫です。

⑤固まる土を敷く


(引用→http://ur0.biz/OlpP)

これは個人的にはお勧めしませんが
玉砂利よりも効果的です。
土なので水はけもよく
見た目もきれいです。

デメリットとしては
数年でひび割れを起こすこと

値段は25キロで2500~3500円くらいですが
厚みが5センチくらいまで敷く必要があるので
費用がちょっと
高くついちゃうかもしれません。

空気が入らないように敷くにも
技術が必要なので
手間がかかるのは嫌!
そしてお金もそこそこかけても良い!
というかたは
専門業者に頼んだほうが
安全かもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的には防草シートを引いて
その上から玉砂利を敷くのが
個人的にはベストかと思います


(防草シートの上から玉砂利を敷いている途中の写真。引用→http://ur0.biz/OlpB)

玉砂利をネットで購入される際は
ちゃんと玉砂利のサイズなども
しっかり確認して購入されると良いと
思います。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事