人が亡くなると
まずはお葬式が行われ、
火葬された後、
遺骨はお墓へ埋葬されます。

スポンサーリンク

お墓とは亡くなった方の
遺骨を納める場所、
そこに石塔を建てて供養する場所
という事は知っているかと思います。

小さい頃からお墓には
お参りをしに何度も行ったことは
あると思いますが、
お墓の本来の意味を知っていますか?

今回はお墓の役割
本来の意味を知って、
今後のお墓に対する見方
日々の供養もより一層
意味深いものにしてみましょう。

お墓の文化はいつからあった?

94268bb2

日本では縄文時代から
死者を埋葬する習慣がありました。

その後も、その習慣は続き、
古墳時代に入ってからの
前方後円墳は有名ですよね。

この頃は、支配者の権力を
誇示するために巨大化していった
言われていますが、
一般庶民のお墓は
共同の埋葬地に土葬し、
その上に土を盛ったり、
石や木の杭をたてたりしていたようです。

明治時代の頃から
人口が増えてきた事もあり、
大きな霊園が作られるようになりました。

このように、
お墓にまつわる歴史はとても長く
お墓の形は時代によって
変化しているものの、
死者を埋葬し、供養する形は
現在まで引き継がれています。

スポンサーリンク

お墓はなぜ必要なの?

昔から、人は亡くなった後は
生命が誕生した大地へ還す
という風習から埋葬されてきました。

お墓の一つ目の役割

そこで、お墓の一つ目の役割は
亡くなった方の遺骨を
埋葬する場所がお墓です。

人が亡くなられると
お位牌お墓二つに供養されますが
その違いを知っていますか?

人は、亡くなると
目に見えない精神の魂は天に還り、
形ある魂は大地に還ると
考えられているため、
仏壇にあるご位牌には精神が宿り
お墓には形ある肉体の魂
宿るという事です。

そしてお盆には
ご先祖様達は家に
帰ってくる期間とされています。

お盆にはご先祖様に
感謝の気持ちを伝え、
健康に過ごす事ができている
家族を見守ってくれている事に
感謝の気持ちを
持ち続けなければいけません。

二つ目の役割

3%e4%b8%96%e4%bb%a3%e3%81%8a%e5%a2%93%e5%8f%82%e3%82%8a
[引用元:http://www.e-ishi.jp/]

お墓の二つ目の役割は、
昔からの伝統的な供養する文化を
伝承していく役割です。

お墓は、このように
ご先祖様に感謝の気持ちを伝え、
子供、孫の代も集まり
一緒に語り合う場所なのです。

ご先祖様を供養する大切さを
子孫代々伝えていく
大事な場所でもあります。

まとめ

お墓を建てて、
お墓を守っていくということは
亡くなったご先祖様への感謝と
供養の気持ちを伝え、
現在も明るく幸せに
暮らす事ができている
感謝の気持ちを伝える
大事な場所なのですね。

このように、
残された家族皆でお墓に行って
お墓参りをして供養する姿を
子供たちに見せる事により、
家族の繋がりの大切さ、
自然とご先祖様への
感謝の気持ちが
子供達にも備わってくるのですね。

お墓は亡くなった方の遺骨を埋葬する場所。

そして、ご先祖様を供養する文化を
子孫代々に伝えていく
大事な役割を持っているのですね。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事