葬儀の香典や参列のマナーを
気にする方は多いですが、
供花について気にする方は
少ないのではないでしょうか?

悲しみに包まれた式場で
遺族をそっと慰め、
故人を見送ってくれる供花は
式場の装飾効果としても
とても大切なものです。

けれどいざ用意をすることになった時に
「お花を贈りたいけど、
どうしたらいいかわからない…」
「どれくらいの費用が必要なの?」
という疑問を持つ方も
多くいらっしゃることと思います

前回の記事では

  • 供花とは?
  • どんな人が贈るもの?
  • いつまでに贈れば良い?

前回記事URL
供花はいつまでに注文すればいい?失敗しないマナーとは?
についてまとめていましたね。

そこで今回は、
供花の種類や
値段の相場をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

供花の種類はどのようなものがある?

供花のスタイルは

  • フラワーアレンジメント
  • 籠(かご)アレンジ
  • フラワースタンド

が一般的です。
フラワースタンドは大きいので、
葬儀会場のスペースを取ります。
贈る際は、葬儀会場に
フラワースタンドを贈れるかどうか
まず確認することをお勧めいたします。

130705_14_a

以前は、フラワースタンドは
2つペアの形で一対を贈り
フラワーアレンジメントや
籠(かご)アレンジは一基(いっき)
(一基=供花の数え方。この場合ペアではなく
1つのみのことを指す)
を贈ることがそれぞれ慣例だったのですが、
最近では葬儀会場のスペースの都合などから
花の形式にかかわらず、
一基を贈ることが多いようです。

また、自宅葬の場合は
場所を取らない籠(かご)アレンジ
一般的なようですね。

tenjiku-makura-20

どんなお花がいい?

四十九日までは、菊・ユリ・胡蝶蘭などの
白いお花を主体に黄・紫を少し加えた
落ち着いた色調のものが一般的です。

しかし最近では故人の好きだった花や
色花を加えて、またはデザイン性の高い
アレンジ花を贈られることも
増えてきたようです。

そういった場合は、
問題を避けるためにも
「お花の種類や色味などを
個人で手配しても良いか」
葬儀社かご遺族に確認をしておきましょう。

供花はいつまでに注文すればいい?失敗しないマナーとは?
の記事でも触れましたが、
葬儀社によっては
「他社のお花をNG」としているところも
ありますのでご注意くださいね。

ネットでの注文も最近では
出来るようになりましたので
こちらの記事に詳しくまとめてみました!
ネットで供花を注文する際に気をつけるべきこと!

宗教による違いはあるの?

供花は各宗教によって
若干の違いがあります。

けれど、手配をする段階で
葬儀社を通して発注することが多いため
実際はほとんど気にすることはないでしょう。

また、個人で発注した
お花の受け入れを断る葬儀社や
葬儀会館もあるので、
喪家の宗教と著しくかけ離れたお花を
飾ってしまうことになる
ケースはです。

あまり神経質になる必要はありませんが、
個人的に手配したお花が
断わられてしまうのは
とてもショックなものですよね。
故人を想って用意するからこそ
そのショックは大きいものでしょう。

a3b35baae5061bb6cb53705649807361_s

基本的には「葬儀社に確認をとる」こと
を前提としますが、
ご参考までに宗教による違いを
簡単に紹介させていただきます。

仏教

07251501_53d1f2c6c62b7

仏教では

  • ユリ
  • デンファレ
  • カーネーション

などのお花がよく利用されます。
やや高価になれば
胡蝶蘭を用いることもあります。

いずれも派手な色ではなく、
白を主体にした
落ち着いた色合いのものを選びます。

基本は生花ですが
近年はブリーザードフラワーなど
造花を使うことも増えたようです。

また、一部の宗派では
樒(しきみ)をお供えすることも
ありますが、
多くの場合、
樒だけでなく
菊やユリといったお花と
一緒に飾られます。

神道

神道のでの葬儀、神葬祭では、
仏教と同様に菊やユリなど
白を基調としたお花が
用いられます。
贈り方に関しても仏教の場合と同じで構いません。

キリスト教

youbana

キリスト教の葬儀では、
仏教で一般的な白菊はあまり見られません。
カトリック・プロテスタント共に

  • ユリ
  • カーネーション
  • バラ

などが一般的です。
色についても白系の他、
青やピンクといった明るめの色
選ばれるケースもあるようです。

仏教では造花を用いることもありますが
キリスト教では生花が基本になります。

また、贈り方は籠アレンジが主で、
教会に送るのではなく故人の自宅に贈ります。

 

スポンサーリンク

供花の値段の相場はどれくらい?

85d32e2e88e87dfe07305f32affdb08b_s

供花はお供えされる方の
お気持ちではありますが、
1万5千円~3万円までが
主流となっています。

地域別に見てみると
関東では1万5千円前後のものを
選ばれることが多いようです。

北関東・甲信越ですと
スタンドタイプで出すこともあり、
少し金額の上がった
1万5千円~2万円が多いようですね。

北陸・東海では
8千円~1万5千円くらいで、
近畿から中国ですと
スタンドタイプでのお花は
あまり使われず、
1万円くらいが多いとのことです。

地域によってお花のタイプや
値段の相場も違ってくるんですね。

あなたの地域でも
主流となっているものは
違うかもしれません。

お花屋さんにそれとなく
他の方が大体いくらの物を
頼んでいるかを聞いてみると
快く教えてくれますから、
ぜひ参考までに
尋ねてみてください。

まとめ

724bd01dee7d09ba4ed0786aaf60b943_s

供花の種類や価格はたくさんありますが、
あまり種類が増えてしまうと
会場に飾る際に
全体のバランスが取りづらくなるため、
葬儀を行う葬儀社に相談をして
他の方々が選ばれる種類に合わせて
ご依頼されると良いでしょう。

 

これからも、私が実際に体験したこと、
知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この雑学があなたの役に立てれば
幸いです。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事