地域によって引き出物を始め
結婚式は異なる風習がありますが、
特に北海道本州での
結婚式と大きく違うのです。

スポンサーリンク

本州の結婚式では引き出物を
用意するのが一般的ですが、
北海道では引き出物の
習慣はありません。

本州の方が
北海道の結婚式に出席すると、
驚く点がかなりあるかと思います。

今回は本州と北海道の結婚式の
違いをまとめてみました。

北海道の結婚式の特徴

それでは北海道の結婚式の
特徴を挙げていきます。

招待制ではなく、会費制

11aed2c6f82e0d556c2484c3dc56047e_s

本州の結婚式ではご祝儀を包みますが
北海道ではご祝儀という習慣はなく、
会費制なので、
招待状に書いてある値段を
受け付けでお財布からお金を出して
支払うシステムとなっています。

(平均15000円程度)

会費以外にお祝をする場合は
会費とは別にご祝儀を包んだり
お祝の品を渡します。

【関連記事】
結婚式のご祝儀の相場は?NGな金額とは?夫婦の場合は?

発起人をたてる

新郎新婦から直接招待状が
届く場合もありますが、
二人の親しい友人などが発起人となり、
二人の門出をお祝しましょう
という形で

発起人から招待状が届き、
返信先も発起人の住所に
なっている場合もあります。

御車代は基本的にありません

本州では遠方から来られた
ゲストにはお車代を
渡すこともありますが、
北海道の場合は基本自分のお金で
飛行機代やホテル代を支払います。

二次会の会費が安い

北海道の二次会の相場は
3000円~4000円と、
とてもお財布に優しい価格です。
もちろんそれぞれで差はありますが
関東ではだいたい
6000円~9000円程する
言われているので
その差はかなり大きいですよね。

スポンサーリンク

引き出物がないって本当?

4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_s

さきほどご紹介しましたが
北海道の結婚式ではご祝儀はなく
会費制となっています。

引き出物はご祝儀の金額相応の
お返しという意味もありますから、
北海道では豪華な引き出物はありません。

しかし全くない訳ではなく、
引き菓子のような習慣はあり、
お菓子のお土産があります。

引き出物と比べると
高価な物ではないですが、
金銭的にはとても合理的ですよね。

まとめ

北海道ではお祝儀を渡す習慣はなく、
結婚式で頂くお料理とドリンク代を
支払う会費制となっているため、
豪華な引き出物も無い風習なのですね。

ご祝儀を包み、
それに対して引き出物でお返しをする
よりも最初からお返しナシの
会費制の方が金銭的には合理的です。

何も知らずに本州から参加すると、
え?引き出物はこれだけ?
と驚くかもしれませんが、
総額を考えると
実は本州よりも安く済みます。

北海道の結婚式では招待制ではなく、
気が根なく呼ぶ事ができるため
結婚式にはたくさんの方が出席され
盛大な物となるようです。

あなたも今後北海道の結婚式に
出席する事がありましたら、
どのような違いがあるのか
新たな発見だと思って
楽しんでみてくださいね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事