披露宴に出席すると
用意されているのが引き出物

披露宴に出席できず、
お祝を頂いている方へ用意する内祝

スポンサーリンク

最近では引き出物も
内祝もお祝のお返しとして
考えている方が多いですが、
本来の意味、違いを知っていますか?
今回は引き出物・内祝についての
意味合いをご紹介します。

引き出物の意味

112783

結婚式での引き出物の意味としては、
最初は出席者への
お土産の意味合いが強く
少し前までは披露宴の料理の一部を
お土産として持ちかえるのが主流でした。
しかし、衛生面などの問題から
現在では料理の持ち帰りは懸念され
料理に代わる別の記念品を用意する
習慣となっているのです。

お土産ですから、
出席者全員にほぼ同じ物を配ります。

昔は鰹節や昆布などの
縁起物を入れることが定番でしたが
最近では招待客の世代や性別
ライフスタイルも様々。

全員に同じもので喜ばれる品・・・
と考えるととても難しいですよね。

そこで、最近では自分で
好きなものを選ぶことができる
カタログギフトが人気のようです。

人気の引き出物・カタログギフト

カタログギフトは、
その時々の自分が欲しい物を
選ぶ事ができるため
選ぶ楽しみも含め
とても人気があります。

カラログギフトにも
予算によって何種類もあるため
親族・上司・友人と
贈り分けをする際にも良いですね。

スポンサーリンク

内祝の意味は?

252568

内祝は、もともと自分達の

幸せや喜びを他の方とも分かち合おう!

という趣旨で、喜び事があった時に
配るものでした。

なので、お祝をもらったかどうかに
関わらず、
「一緒にお祝してほしい、
お祝のおすそ分けをしたい人」
に差し上げる物でした。

しかし、現在では
内祝いはお祝を頂いた後の
お返しとして行う
というのが定着していますね。

まとめ

引き出物も内祝も本来の意味は
自分達の幸せやお祝いのおすそ分け、
一緒にお祝してくれませんか?
という趣旨で贈るものなのですね。

現在では引き出物は披露宴へ
出席してくれたお礼の品・内祝は
お祝を頂いたお返しと
考えられているのではないでしょうか?

そして、祝う側や祝われる側も
お互いにお祝の品や金品を
もらうばかりでは申し訳ないという
相手を気遣う気持ちで
品物を贈るといった
日本人らしい思いやりのある
習慣になっていますね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事