結婚式での引き出物の意味としては、
最初は出席者へのお土産の意味合いが強く、
少し前までは披露宴の料理の一部を
お土産として持ちかえるのが主流でした。

スポンサーリンク

しかし、衛生面などの問題から
現在では料理の持ち帰りは懸念され、
料理に代わる別の記念品を
用意する習慣となっているのです。

そんな引き出物の中には昔から
贈られて喜ばれていた
縁起物があります。

かつおぶしお赤飯お砂糖など・・・

老若男女問わず、
皆に喜ばれる縁起の良い物とは
一体どのような物なのでしょうか?

昔から贈られてきた縁起物

引き出物には様々な種類がありますが
昔から好まれてきた引き出物には
一体どのようなものがあるのでしょうか?

鰹節

縁起物として代表的な鰹節。
鰹節(かつおぶし)
「勝男武士」とも言われ
縁起物として武士の報奨品として
使われていました。

また、鰹節は「雄節」「雌節」
対になっていることから、
夫婦円満と言う意味があり
縁起物としてふさわしいとされています。

お赤飯

dd4546ec997a7b544c52cf44477ec3b4_s

お祝といったらお赤飯は有名ですよね。

古くから赤色は災いを避ける力を
持っているとされ、
魔除けの意味もあります。

最近では真空パックで日持ちするもの
金箔入りで豪華な物など
様々な種類があります。

砂糖

お砂糖は昔、高級品だったことから
ご祝儀に配られていたそうです。

紅白のお餅・まんじゅう

引き出物の品は地方により
大きく異なりますが、
紅白のお餅やまんじゅうは
多くの地方で縁起物として
使われています。

縁起の良い鶴や亀や梅を
かたどった和菓子や
おちつきぼた餅という
紅白のお餅など
地方によって様々です。

うどん

23efdeb4627309b4eafd6b7b8bed3e08_s

長くて太いということから、
昔からうどんは
長寿の縁起物とされています。

最近では夫婦の絆を
長く太いものにという意味を込めて、
引き出物としてうどんを
入れるカップルも増えているようです。

昆布

昆布は「よろこぶ」=「慶ぶ」
語呂合わせで、
縁起の良い贈り物として最適です。

また、「子生婦」ともいわれ、
子宝に恵まれる・子孫繁栄の
意味も持っています。

梅干し

シワが寄るまで元気に
過ごせますようにと
長寿祈願の縁起物です。

かまぼこ

鯛や富士山などのおめでたい物を
かたどったかまぼこは
富山県のお祝事には
欠かせないものとなっています。

スポンサーリンク

まとめ

意味のこもった縁起の良い品が
たくさんあるのですね。
それぞれの品にはそれぞれの
縁起の良い意味や
願いが込められています。
このような食品は消耗品であり
実用的なギフトであるため、
贈る人を選ばず
皆に喜ばれるはずです。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事