結婚披露宴に出席すると、
必ず引き出物を頂きますよね?
引き出物の由来は、
平安時代から始まり
その頃は宴のお土産として
「お土産の馬を引き出して見せた」こと
から現代まで贈る品は
変化していますが、
引き出物の習慣が続いています。

スポンサーリンク

結婚式での引き出物の
意味としては、
最初は出席者へのお土産
意味合いが強く、
少し前までは披露宴の料理
一部をお土産として
持ちかえるのが主流でした。

しかし、衛生面などの問題から
現在では料理の持ち帰りは懸念され、
料理に代わる別の記念品を
用意する習慣となっているのです。

引き出物の品はどのような物を
選べば良いのでしょうか?

贈ってはいけないものは
あるのでしょうか?

今回は引き出物について
一般的な選び方と常識非常識
ついてご紹介します。

引き出物数は奇数が常識?

c_3179_field_6
[引用元:http://special.kekkon-j.com/]

引き出物の個数
縁起をかつぐ方も
中にはいますよね?

そういった時、
偶数2「割る」事ができるため
夫婦2人の中を割る、
2つに分かれると考えられるので
縁起が良くないと言われています。

少しでも気になる際は
分けられない“奇数”
の数にしましょう。

スポンサーリンク

親戚や上司は少し豪華に

自分より目上の上司
親しい親戚には、
友人よりも少し奮発して
引き出物を送りましょう。

例えば、親族と上司には計5つ、
友人には計3つなど
少し多い位にすると良いですね。

持ちかえる事を考慮して

91162798137ab660539f4a54e0be49ec_s

引き出物の数は多ければ良い
という訳ではありません。

昔は大きくて重たいものが
良いとされていたため
食器が多く入っていました。

高価な引き出物は
参列者への気遣いともなり
喜ばれますが、
品物自体が多く重たいもの
であると持ちかえるのも
一苦労です。

遠方から来る方もいるため
品物選びも配慮しましょう。

定番となったカタログギフト

最近では、そのような点から
賞味期限や消費期限を
気にしなくてもよく
自分で好きな物を
選ぶ事のできる
カタログギフト
人気あるようです。

引き出物にどんな物を選ぶのか、
品物によって今後の関係性が
変わるかもしれません。

贈られる側の立場になり
時代に合った結婚式の
記念品として喜ばれるような
品を贈りたいですね。

まとめ

引き出物の始まりである
平安時代には、
馬を贈り物としていた
とは驚きですね。

そんな昔から現代まで
受け継がれている引き出物。

品物の種類は時代と共に
変わっていますが、
その意味合いは
昔から変わっていません。

 

引き出物で相手側に
残念に思われる事のないよう
今回の記事を参考に
していただけると嬉しいです。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事